糖尿病網膜症・加齢黄斑変性・網膜疾患

[No.532] 中心性漿液性脈絡網膜症とは

一般にCSC(central serous chorioretinopathy)と呼ばれる中心性漿液性脈絡網膜症は、網膜の下に滲出液がたまり、滲出液で満たされた剥離と視力低下を引き起こす状態です。

CSCは、ほとんどの場合、若年および中年の成人に発生します。理由は不明ですが、男性は女性よりもこの状態を発症することがよくあります。軽度の視力低下は通常一時的なものですが、慢性化または再発することもあります。参考ページnao,なお、中心性漿液性網脈絡膜症は最近、Pachychoroid disease (⇒リンク)に含めて論じられます。これは、拡張した脈絡膜静脈を覆う脈絡毛細管板の減衰を特徴とし、進行性の網膜色素上皮機能障害と血管新生に関連する表現型を説明する比較的新しい概念です。パキコロイド関連障害の定義における重点は、単に異常に厚い脈絡膜(パキコロイド)から、機能的な意味を持つ病的状態(パキコロイド病)の詳細な形態学的定義にシフトしました。中心性漿液性脈絡膜網膜症、脈絡膜色素上皮症、脈絡膜血管障害、ポリープ状脈絡膜血管障害/動脈瘤1型血管新生、限局性脈絡膜発掘を含む、いくつかの臨床症状が脈絡膜疾患スペクトル内に存在すると記載されています。

 


症状

片方の眼によく見られるぼやけた中心視力は、患者が経験する最も一般的な症状です。アムスラーチャートで中心の歪みがわかります。ただし、注意深く調べると、他の眼にも何らかの関与があることが明らかになることがよくあります。

網膜下液の位置と量によっては、特に患部が黄斑の外側にある場合、CSCは症状を示さないことがあります。


原因

両側性CSCの33歳男性の左眼のカラー眼底写真。マリカゴヤル、MD、アポロヘルスシティ、インド。中心性漿液性脈絡網膜症。Retina Image Bank 2012; 画像2117。©AmericanSocietyofRetinaSpecialists。

CSCの原因は完全には理解されていません。若倉によると、コルチコステロイド薬への全身曝露は、CSCを引き起こしたり悪化させたりする可能性があると考えられています。

危険因子

特定の遺伝形式は特定されていません。高血圧または心臓病の患者、および現在または最近の妊娠の患者は、CSCを発症するリスクが高いことが示されています。コルチコステロイド以外にも、覚醒剤、充血除去剤、勃起不全薬、および一部の抗がん剤を含む他の薬剤がCSCを誘発する可能性があるという報告があります。


診断テスト

医師は両眼の完全な散瞳眼科検査を実施し、網膜の画像を取得(下図)します。網膜の写真は、病気の外観を記録するために撮影される場合があります。

光コヒーレンストモグラフィー(OCT)は、CSCの診断に非常に役立つ網膜スキャンです。それはあなたの医者が顕微鏡レベルで網膜を見るのを可能にします。これにより、急性または慢性のCSCで、体液の非常に小さなポケットまたは網膜の瘢痕(体液が沈静化した後)を特定することができます

フルオレセイン血管造影は、染料を患者の腕の静脈に注入し、各眼の写真を撮って、患者の網膜の下の染料の特徴的な漏出を検出する検査です。この検査は、OCTとともに、医師がCSCの診断を下し、黄斑に体液を引き起こす他の網膜疾患と区別することを可能にします。


治療と予後

CSCは通常、自己制限的な疾患であり、視覚的な回復は通常、治療なしでも数週間から数か月以内に得られます。

あらゆる種類のコルチコステロイドを服用している患者は、可能であれば使用を中止する必要があります。

慢性CSCの治療には、レーザー治療、経口薬、眼科注射など、いくつかの治療法が使用されています。漏出点が黄斑から離れていればアルゴンレーザーで光凝固ができます。硝子体注射も有用とされてきました。

症状の重症度とタイムラインに応じて、医師は最良の治療オプションを選択します。これは多くの場合、観察の試行から始まります。CSCの早期発見は非常に役立ち、CSCのほとんどの眼は、永続的な視力喪失を回避するためにうまく治療することができます。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。