糖尿病網膜症・加齢黄斑変性・網膜疾患

[No.1041] 非血管性加齢黄斑変性症のマルチモーダル イメージング:論文紹介

清澤のコメント:非血管新生 (乾性) AMD は、重大な中枢視覚障害の可能性がある網膜疾患です。この疾患の特徴は、黄斑ドルーゼン、RPE の変化、地理的萎縮 (GA) です。非血管性 AMD の分類スキームは、網膜イメージングの大幅な進歩により、疾患の病態生理学の理解が深まるにつれて、長年にわたって進化してきました。非血管新生型 AMD の元の分類は、カラー眼底写真 (CFP) に基づいていましたが、より現代的なスキームはマルチモーダル イメージング アプローチに依存しています加齢黄斑変性症の概要を知るにはよい論文だと思います。
 ーーーーーー
題名;非血管性加齢黄斑変性症のマルチモーダル イメージング ショーン・T・ギャリティほか、
Investigative Ophthalmology & Visual Science 2018 年 6 月、Vol.59、DOI: https://doi.org/10.1167/iovs.18-24158
という論文があります。
   ーーーーーーー
概要

非血管新生 (乾性) AMD は、重大な中枢視覚障害の可能性がある網膜疾患です。この疾患の特徴は、黄斑ドルーゼン、RPE の変化、地理的萎縮 (GA) です。非血管性 AMD の分類スキームは、網膜イメージングの大幅な進歩により、疾患の病態生理学の理解が深まるにつれて、長年にわたって進化してきました。非血管新生型 AMD の元の分類は、カラー眼底写真 (CFP) に基づいていましたが、より現代的なスキームはマルチモーダル イメージング アプローチに依存しています。非血管性 AMD の効果的な診断と管理には、このレビューで詳述されているように、そのマルチモーダル イメージング機能を完全に理解する必要があります。診断と管理に役立つ可能性のある将来の画像診断法と画像バイオマーカーについても説明します。

前文:

AMD は、西半球の 60 歳以上の個人の不可逆的失明の主な原因です。AMD はさまざまな黄斑所見によって特徴付けられますが、伝統的に 2 つの主要なサブタイプに分類されてきました。AMD 患者の大多数は、非血管性 (乾性または萎縮性) 型の疾患を示します。一方、失明の主な原因 (重度の視力喪失を伴う AMD 患者の 90%) は、歴史的に血管新生 (湿性または滲出性) サブタイプによるものでした。非血管性 AMD の特徴的な所見は、黄斑ドルーゼンです。後期段階でのRPEの変化と地理的萎縮(GA)も存在する可能性があります。血管新生は、網膜または脈絡膜に由来する新生血管が通常、網膜内液、網膜下液、サブ RPE 液、脂質沈着、および出血などの滲出性合併症を引き起こす、血管新生型の AMD で発生します。未治療の血管新生 AMD は、多くの場合、関連する中枢視覚機能の喪失を伴う線維血管瘢痕化につながります。 
AMD の分類スキームは、眼球イメージングの大きな進歩により、長年にわたって進化してきました。これにより、疾患のメカニズムがより深く理解できるようになりました。非血管性 AMD の元の分類システムは、カラー眼底写真 (CFP) に基づいていましたが、最近提案されたスキームは、光コヒーレンストモグラフィー (OCT) を含む、より新しく、より高度な網膜イメージング モダリティに依存しています。この疾患の効果的な診断と管理には、この記事で詳述されているマルチモーダル イメージング機能を完全に理解する必要があります。 
このレビューでは、非血管性 AMD のマルチ モーダル イメージング所見を統合します。まず、この疾患の自然史と歴史的な分類を確認します。続いて、イメージング技術を概説し、非血管性 AMD のマルチモーダル イメージング機能について説明します。最後に、最近提案された分類スキームとこの疾患に関連するバイオマーカーについて説明します。 

   ーーーーーー

この論文の中の「AMDの鑑別診断」の項目において、

AMD の臨床症状と自然史は、変化しやすく、予測できない場合があります。さらに、色素異常またはリポフスチンの蓄積を伴う、網膜および RPE の多数の変性疾患およびジストロフィー疾患は、非血管新生型 AMD で識別されるものと同様の画像特徴を有する可能性があります。その結果、さまざまな形態のパターンジストロフィー、126ベスト病、127シュタルガルト病、128中心性漿液性脈絡網膜症、129厚脈絡膜疾患、130錐体ジストロフィー、6ヒドロキシクロロキン毒性、131がん関連網膜症など、多くの状態が非血管性 AMD に似ている可能性があります。 , 132 , 133そして筋強直性ジストロフィー。134 という文脈で東北大で依然まとめた文献を引用してもらえました。
Kimizuka Y, Kiyosawa M, Tamai M, Takase S. Retinal changes in myotonic dystrophy. Clinical and follow-up evaluation. Retina. 1993; 13: 129–135.

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。