ぶどう膜炎

[No.663] BNT162b2 mRNA COVID-19ワクチンによるワクチン接種と非感染性ブドウ膜炎との関連:集団ベースの研究;論文紹介

清澤のコメント:コロナワクチン投与に伴う合併症としてのブドウ膜炎がまとめられています。非感染性ブドウ膜炎が主ですが、急性黄斑神経網膜症、中心性漿液性網膜症、角膜移植片拒絶反応、脳神経麻痺、特にブドウ膜炎の発生と再発があります。ブドウ膜炎の症例の大部分は前部ブドウ膜炎に関連しているそうです。文献的ないくつかの報告には、多発一過性白斑症候群(MEWDS)、Vogt-Koyanagi-HaradaVKH)症候群、および特発性汎静脈炎の症例が含まれたそうです。眼科医としてはその可能性を知りつつ診療にあたりたいものです。

   ―――――――

Association between vaccination with the BNT162b2 mRNA COVID-19 vaccine and non-infectious uveitis: a population-based study

Oren Tomkins-Netzer :

公開日:2022525DOIhttps ://doi.org/10.1016/j.ophtha.2022.05.015

概要

目的: BNT162b2 mRNA COVID-19ワクチンと活動性非感染性ブドウ膜炎(NIU)のリスクとの関連を評価すること。

デザイン: 人口ベースの遡及的研究

参加者: 20201220日から2021430日までの間に最初のワクチン接種を受けた2,602,557人、および2021110日から2021430日までの間に2回目のワクチン接種を受けた2,441,719人。

メソッド: いずれかのワクチン投与後21日以内に発生した場合は、アクティブなNIUのイベントが含まれていました。活動性NIUは、局所または全身性コルチコステロイドの開始または増加を必要とする、新たに活動性または悪化する眼の炎症として定義されました。観察された症例は、2019年の人口の経験に基づいて、予想された数と比較されました。

主な結果指標: BNT126b2ワクチン接種後の年齢性別調整標準化発生率(SIR)および帰属リスク(AR)。

結果: 全体として、アクティブなNIU100件と88件のイベントが、それぞれ1回目と2回目のワクチン投与後21日以内に記録されました2019年の人口の経験を参考にすると、初回投与後の推定年齢性別調整SIR1.4195CI1.15-1.71)であり、21日間の寄与リスクは10万人のワクチン接種者あたり1.12例でした。2回目の投与後、SIR1.3195CI1.05-1.62)であり、10万人のワクチン接種者あたり0.86症例の推定寄与リスクがありました。前部ブドウ膜炎は最も一般的な炎症部位であり、眼の90.96%で発生し、特発性ブドウ膜炎が最も一般的な病因(54.08%)でした。

結論: 私たちの研究は、BNT162b2mRNACOVID-19ワクチンが活動性NIUのリスク増加と関連している可能性があることを示唆しています。ただし、小さな効果量と研究の限界を考慮すると、この研究は因果関係の証拠を提供しません。推定されるリスクが小さいことは、公衆衛生への影響が比較的小さいことを示唆しています。

―――――

序章: COVID-19パンデミックの予防と治療は、現在の世界的な医療における主要な問題です。BNT162b2メッセンジャーRNAワクチンは、SARS-CoV-2感染、入院、および関連する死亡の予防に高い有効性を示しました。大規模な人口ベースの研究では、ワクチンの安全性プロファイルが良好であることが示されましたが、水痘帯状疱疹感染症、リンパ節腫脹、ギランバレ-症候群、心筋炎などの全身合併症のリスクの増加が認められました

多くの国では、現在、12歳以上の一般集団にはワクチンの2回投与と追加免疫投与が推奨されており、512歳の子供には2回投与が推奨されています。

ブドウ膜炎を含む、ワクチンと眼の合併症との間の以前の関連が示唆されています。COVID-19の世界的なワクチン接種キャンペーンに続いて、ワクチン関連の眼の合併症の可能性が報告されています。ほとんどは単一または小さな症例報告であり、急性黄斑神経網膜症を含みます、中心性漿液性網膜症、角膜移植片拒絶反応、脳神経麻痺、特にブドウ膜炎の発生と再発。ブドウ膜炎の症例の大部分は前部ブドウ膜炎に関連しています(ただし、いくつかの報告には、多発一過性白斑症候群(MEWDS)、Vogt-Koyanagi-HaradaVKH)症候群、および特発性汎静脈炎の症例が含まれます。これらすべての報告において、ワクチンとの関連は時間的近接性に関連しており、ワクチン投与を受けてから130日後に発症します。しかし、ワクチンがブドウ膜炎の発生率の増加に関連しているかどうか、およびより高いリスクの集団が存在するかどうかは不明なままです。

この研究では、BNT162b2ワクチンを接種した個人の大規模な人口ベースのデータベースを調べ、治療を必要とする活動性非感染性ブドウ膜炎(NIU)の発生率をCOVID-19の発生前と発生後の両方の発生率と比較しました。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。