眼瞼痙攣

[No.10] 眼瞼痙攣とは:その診断と治療の概要:

眼瞼痙攣とは:その診断と治療の概要:

 

清澤のコメント;今回2021年11月1日に開業する「自由が丘 清澤眼科」は、従来私が治療を行ってきた南砂町の「清澤眼科医院」よりも遥かに小規模な眼科医院です。コンタクトレンズ診療を含む一般眼科診療ももちろん行いますが、其処では眼瞼痙攣やビジュアルスノウを含む神経眼科疾患の診断と治療を特に続けようと考えています。そこで今日は眼瞼痙攣の知識をまとめてみます。

 

眼瞼けいれん、良性原発性眼瞼痙攣の解説

説明

良性原発性眼瞼けいれん(BEB)は、まぶたの筋肉の不随意な攣縮を特徴とする進行性の神経障害です。それはジストニアの一種であり、持続的な筋肉の収縮が、痙攣や反復運動を引き起こす運動障害です。

BEBは、時折まばたきや刺激感を伴って徐々に始まります。その他の症状には、片方または両方の目の不随意のまばたきや目を細める、目を開いたままにするのが難しくなる、光過敏症などもあります。

一般的に、けいれんは日中に発生し、睡眠中には消え、目覚めた後に再び現れます。状態が進行するにつれて、けいれんが激しくなり、まぶたが長期間閉じたままになり、それによって実質的な視覚障害または機能的失明を引き起こす可能性もあります。失明はまぶたの制御不能な閉鎖によってのみ引き起こされ、眼球機能の不全によって引き起こされるのではないことが重要です。無理やり測られた視力は悪くなく、視野も正常なので、現行の診断基準では身体障害には相当しません。

この症状を①運動症状(目を開き続けていられない)、②感覚症状(一般的な過敏が現れやすく、その場合強く持続する疼痛をうったえます。)③精神症状(気分抑鬱が強く表れることがあります。)

眼瞼けいれんと混同しないでほしい諸疾患には:上まぶたの浮腫や、上眼瞼挙筋の衰弱または麻痺によって引き起こされるまぶたの垂れ下がり(眼瞼下垂)、感染またはアレルギーによる眼瞼炎、または片側顔面けいれんが含まれます。片側顔面けいれんは多くの場合において顔面神経に対する小脳動脈が接触して刺激になっています。このほかに眼瞼ミオキミアと呼ばれる、疲労などに伴って下瞼が横方向にピクピク動く状態の事があります。

良性原発性眼瞼痙攣(BEB)は男性と女性の両方で発生しますが、特に中高年の女性によく見られます。

対応:

BEBにおいて、ほとんどの場合に選択される治療法はボツリヌス毒素(ボトックス)の局所注射です。これは筋肉を弛緩させ、けいれんを止める様に働きます。他の治療オプションには、投薬(薬物療法)または手術があります。投薬としては、リボトリールやアーテンが用いられますが、薬への依存性や習慣性には注意が必要です。漢方の抑肝散加陳皮半夏も使いやすい薬です。手術は目を閉じる筋の力を減弱させることを目的に、眼輪筋の切除が美容形成で、しかもこの手術になれた医師であれば、上手に行うことが出来ます。ただし、この眼輪筋切除はほぼ最終手段です。

ストレスは、眼瞼けいれんや片側顔面けいれんを含むすべての運動障害を悪化させます。一部の患者は、作業療法士や臨床心理士によるストレス管理のコースから恩恵を受ける可能性があります。家族や友人からのサポートも重要です。

ドライアイの合併が多いので、シルマーテストで涙液分泌が不足していることが確認される症例には、清澤はボトックス注射と涙点プラグの施術を合わせて行う事があります。

このほかに、目と心の健康相談室担当看護師荒川らによるカウンセリング、臨床心理士による心理カウンセリング治療、内服薬投与などの治療が実際の症例に応じて考えられます。

ボツリヌス毒素という言葉におびえてできれば初めには使いたくないと言う人も居ます。あるいは他の診療所でボトックスを使われた経験が有って、その結果に満足できなかったので、ボトックスはもう使いたくないという患者さんもいます。しかし、十分な聞き取りの上で、適量を適所になれた手技で用いれば、ボトックスは相当に良い結果が期待できる注射薬です。約2割が施注直後には不満と言いますが、2ないし3か月後に不満を述べた患者の半数が再度の注射を希望しますから、その時点でボトックスの有効例は9割という事になります。

予後

ボツリヌス毒素治療により、BEBのほとんどの人は症状が大幅に緩和されます。まぶたの垂れ下がり、かすみ目や複視、目の乾燥などの副作用が発生する場合もありますが、これらの副作用は通常一時的なものです。

良性原発性眼瞼けいれん研究財団(BEBRF)という有力な組織が米国にあります。www.blepharospasm.org 「日本では眼瞼けいれん、片側顔面けいれん友の会」という組織が有って、多数の会員が集まり、年に数回の集会を行っています。私もその会の顧問を引き受けていて、総会の時には質問に答えたり助言をしたりしています。この疾患にお悩みの方には入会をお勧めします。眼と心の健康相談室(理事長荒川看護師「目と心で検索なさってください」)も有料ですが、眼瞼痙攣についての相談を電話で受けることが出来ます。

 

2021年10月30日には眼瞼痙攣、片側顔面けいれん友の会の集会がzoomで行われます。事前入会と参加登録が必要なようですが、私もプレゼンのスライドを用意しています。その頃には眼瞼痙攣などに関する100項目以上の質疑応答例を収載したパンフレットの発行も準備されている模様です。その答の作成には私も協力しました。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。