白内障

[No.414] 上輪部角結膜炎Superior Limbic Keratoconjunctivitisとは

清澤のコメント:上輪部角結膜炎様の充血を上輪部に示す患者を診ました。以前からこの症状はしばしばあったといっていますが、この患者さんは先週帯状疱疹にかかっていました。直接の関連はなさそうです。

上輪部角結膜炎

セオドアの上輪部角結膜炎(SLK)は、原因不明の上球結膜、輪部、上角膜のまれな慢性炎症性疾患です。この病気は、甲状腺機能障害、乾性角結膜炎、関節リウマチに関連しています。複数の治療法が説明されていますが、ゴールドスタンダードはありません。

疾患

上縁角結膜炎(SLK)は、感染の証拠がない患者のグループです。輪部に隣接する上球結膜のローズベンガル、輪部上結膜の増殖と冗長性、角膜輪部と角膜上部のフィラメント形成。発症年齢は60歳前後であり、男性よりも女性に多く影響を及ぼします(比率3:1)。SLKと甲状腺機能障害との関連は、患者の最大30%で報告されています。真の発生率は不明で、乾性角結膜炎も患者の25%に存在することが報告されています。

病因と病態生理学

病気の病因は不明です。SLKは、さまざまな病態生理学的経路および疾患の実体の最終的な症状を表す可能性があります。最も普及している理論の1つは、ライトによって提案され、SLKの発症につながる最初の要素は、過度の弛緩によって引き起こされる上球麻痺と瞼板結膜の間の一定の摩擦であることを示唆しています。しかし、感染性、免疫原性、アレルギーなど、以前に提案された他の理論と同様に、疾患の発症における独自の統一メカニズムとしてそれ自体を維持するための十分で説得力のある証拠が不足しています。

SLKに冒された患者の結膜の組織病理学的研究は、典型的には、異常角化、アカントーシスおよび核バルーン変性を伴う上皮細胞の角質化を示しました。さらに、顕微鏡分析により、多形核白血球、形質細胞、肥満細胞およびリンパ球による間質浸潤が報告されている。角質化した上球結膜上皮を用いた9つの研究眼の免疫蛍光染色でムチン様糖タンパク質のレベルの低下を示した。SLKの考えられる起源としての微小外傷の理論を支持している。

症状

この病気は、片側性または両側性の潜行性の異物感覚、羞明、過度のまばたき、眼の灼熱感および痛みを特徴とします。症例シリーズで報告された最も頻繁な症状は、異物感覚(71.1%)、灼熱感(68.9%)、そう痒症(46.6%)およびドライアイ感覚(31.1%)などでした。

身体検査

眼科検査は、上部瞼板結膜の微小乳頭反応、上部球結膜の冗長性と弛緩、セクター性結膜充血、角質化および毛様体注射を特徴とする。場合によっては、フルオレセイン、ローズベンガル、リサミングリーンで点状の焦点パターンで陽性に染色される上球結膜の顕著な肥厚が見られる。症例シリーズでは、100%が上部眼球結膜に毛様体充血をもち、73.3%が上部象限に角膜びらんを示し、68.9%が乳頭形成、22.2%がびまん性表在性角膜びらん、15.5%が結膜充血、そして13.3%は眼瞼浮腫を示した。

診断手順

上部球結膜と上眼瞼結膜の注意深い細隙灯検査が最も重要です。結膜の折り畳み、充血、冗長性、およびフィラメント形成を探す上部球結膜の評価を行う。フルオレセインとリサミングリーン、またはローズベンガル染色は非常に便利です。シルマーテストは、乾性角結膜炎が疑われる場合に役立ちます。甲状腺眼症の検査も有用です。

実験室試験

臨床所見によっては、甲状腺機能検査が役立つ場合があります。シェーグレン症候群または関節リウマチが疑われる場合は、RoSS-A)および抗LaSS-B)抗体、環状シトルリン化ペプチド抗体などの自己免疫血清学的検査の追加検査を検討できます。関連する全身性疾患が疑われる場合は、リウマチ専門医または内分泌専門医による医学的評価が推奨されます。

内科的療法

SLKの治療にはゴールドスタンダードはありません。報告された治療法には局所ステロイド、局所タクロリムス、局所レバミピド、局所硝酸銀、治療用ソフトコンタクトレンズ、強膜レンズ、涙点閉塞、局所を含む多くの異なる治療法が報告されています。

内科的フォローアップ

部分的な病気の解決は一般的です。患者は慢性的な内科的治療を必要とするかもしれません。特に共存する全身性病理については、専門医への紹介が必要となる場合があります。

手術

Fraunfelderetalらは二重凍結融解技術を適用した窒素液体凍結療法で治療された7眼の症例シリーズを報告しました。この技術は安全ですが、眼の約3分の1で再治療が必要になる可能性があります。

予後

寛解と悪化は、年齢が上がるにつれて頻度が減少する傾向があります。

上輪部角結膜炎 ギレルモメンドーサアダム、MD他:2021年10月6日に AugustineHongMD による監修のeyewikiを参考に記載。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。