白内障

[No.1336] 細菌性髄膜炎における羞明(光過敏)とは?約10%は2日以内に死亡。Jeff Beck さん死去

細菌性髄膜炎における羞明(光過敏)とは?約10%は2日以内に死亡。Jeff Beck さん死去:
清澤のコメント:世界的ギタリストのジェフ・ベックさんが細菌性髄膜炎で死亡した。ジェフ・ベックさんが患っていたという「細菌性髄膜炎」とは: J・ベックさん死去 「世界三大ギタリスト」 髄膜とは脳や脊髄を取り囲む膜のこと。その中に細菌が入り込んで炎症を起こす病気が細菌性髄膜炎。日本では毎年約千人の子供が発症するというが、ほとんどが5歳までで、その中の約半数が抵抗力の弱い0歳児である。 細菌性髄膜炎は特徴的な症状がないために早期の診断が難しく、発症すると適切な治療を受けても重い後遺症が出たり、命を落としたりすることもある。平均的な潜伏期間は4日で、2日から10日の幅がある。最もよく見られる症状は、項部硬直、高熱、光過敏症、錯乱、頭痛、嘔吐。光に対する感度上昇つまりphotosensitivityとは光に対する過敏症。明るい光を嫌う場合は、髄膜炎の早期警告サインである。この症状がある場合は、上に列挙した髄膜炎の他の症状がないか確認を。また、幼児では、一般的に大泉門の膨隆やぬいぐるみ様の顔貌が見られる。あまり頻繁ではないが、さらに重篤になると髄膜炎菌性疾患は、出血性の発疹や急速な循環不全を特徴とする髄膜炎菌性敗血症となる。この疾患は早期に診断され、治療が適切に開始された場合でも、8~15%ほどが症状発症後24~48時間以内に死に至る。未治療の場合、髄膜炎菌性髄膜炎は致死率が患者の50%となり、生存者でも10%~20%において、脳障害、難聴、身体障害などが引き起こされる。
細菌性髄膜炎の原因菌として最も多いのがインフルエンザ菌b型(ヒブ)、次いで肺炎球菌で、この2つで全体の80~90%を占める。対象にする菌を絞り込めるならば、髄膜炎菌、肺炎球菌、Hib(インフルエンザ菌b型)に対する予防接種もあるというが健康な人がこれを打つとは考えにくい。
   ーーーーーーーーー
細菌性髄膜炎の兆候は:細菌性髄膜炎の最も一般的な症状は次のとおり。

首のこわばり:硬くて痛い首は、髄膜炎の症状である可能性があります。 髄膜炎の他の症状がないか確認してください。
光過敏:光に対する過敏症、または明るい光を嫌うのは早期警告です

髄膜炎の兆候. この症状がある場合は、次のいずれかを確認してください。
髄膜炎の他の症状
頭痛:あなたまたはあなたの子供に重度の頭痛がある場合は、髄膜炎の他の症状がないか確認してください。
眠気/混乱:子供または大人が目覚めにくい場合、または眠くて混乱した状態にある場合、髄膜炎の初期症状を示している可能性があります。
熱:時には手足の冷えを伴う発熱は、髄膜炎の症状である可能性があります。
関節痛:関節痛は髄膜炎の症状です。 関節に痛みがある場合は、髄膜炎の他の症状がないか確認してください。
嘔吐:嘔吐は、子供と大人の両方の髄膜炎の一般的な症状です。
フィッティング:けいれん発作または発作を経験することは、髄膜炎の特徴です。 髄膜炎の他の症状がないか確認してください。

光過敏症の存在、髄膜炎における羞明:

2018 年 12 月 10 日にキャシー グリーンによって書かれました

髄膜炎は、脳と脊髄の周りの髄膜の炎症を伴うため、通常、この炎症に起因する症状と徴候に関連しています。光に対する強い過敏症 (羞明と呼ばれる) – 多くの場合、独立した症状または片頭痛に似た頭痛の副産物 – は、この疾患に関連する頻繁な神経学的課題です。大多数の患者から報告されたこの現象を詳しく見ていきます。

光過敏症は髄膜炎からどのくらいの頻度で発生しますか?

毎年約 1,000 人のアメリカ人が髄膜炎を発症しており、感染因子は細菌性またはウイルス性であると説明されています。症状はしばしばインフルエンザに似ていますが、驚くべきことに、患者の約 20% が長期にわたる障害につながる可能性があります。慢性的または反復的な頭痛と羞明は、髄膜炎の種類に関係なく、何年も、あるいは一生続く可能性がある身体的問題の 1 つです。また、過敏症が一時的なものであっても、しばしば無力化されます。

髄膜炎における羞明の一般的な有病率を見ると、ある研究では、若い細菌性髄膜炎患者の88%が羞明に苦しんでいると報告されている. 1 ウイルス性髄膜炎の発症の可能性は低いかもしれませんが、それでも半数近くが光感受性でした. また、特定のウイルス株である EV 陽性 (すべてのウイルス性髄膜炎の 80% から 92% を占める) は、羞明を引き起こす可能性が最も高いサブタイプの 1 つと考えられていました。2情報源に関係なく、証拠は、光に対する過敏性が状態の通常の特徴であることを明確に示しています.

髄膜炎はなぜ羞明を引き起こすのですか?

髄膜炎は脳と脊髄の膜の炎症であるため、神経学的プロセスを妨げる可能性があることは驚くべきことではありません。実際、髄膜炎の最も初期の兆候の 1 つは、光に対するこの嫌悪または反応であり、吐き気、肩こり、頭痛を伴うことがよくあります。

さらに、激しい髄膜炎関連の頭痛は片頭痛やその他の頭痛障害に似ていることが多く、光過敏症を引き起こしたり悪化させたりすることが個別に知られています。実際、ある研究では、感染後の患者の 95% が重度の両側性頭痛を抱えていました。その大部分は「突然の発症」であり、これまでに経験したことのない最悪のものでした。これらの症状が片頭痛のような一次性頭痛障害として直接分類できるかどうかは不明ですが、一般的に羞明のような片頭痛の特徴を示します。3

最後に、髄膜炎後の視神経の腫れにより、多くの人が一時的な視力障害を経験します. この状態では、患者は長引く影響として光恐怖症を経験し続ける可能性があります.

髄膜炎後の羞明はどのくらい続く可能性がありますか?

羞明と光過敏症は、髄膜炎の治療が成功した後も、数か月または数年にわたって長引く可能性があります。感染の結果として慢性頭痛障害が発生した場合 (患者の 3 分の 1 ほどが厳しい現実です)、それが終わらない可能性があります。4興味深いことに、場合によっては、これらの症状は、急性感染症が治まってから 1 年も経たないと現れないことさえあります。

さらに、細菌性髄膜炎またはウイルス性髄膜炎のいずれかを患っている患者は、特に若い年齢で生活の質が低下することがよくあります。4光過敏症と頭痛の症状は、情緒的な症状だけでなく、生活の質の低下にも独立して関連しています。これは最終的に、これらの結果を回避するために、感染のライフサイクルの早い段階で適切な診断と治療の重要性を強調しています.

  ーーーーーーーー
細菌性髄膜炎 Bacterial meningitis(髄膜炎菌、肺炎球菌、インフルエンザ菌を原因として同定された場合を除く。)

更新日:2018年11月27日

細菌性髄膜炎とは

 細菌性髄膜炎は、様々な細菌の感染によって髄膜(脳や脊髄を覆う膜)に炎症を起こす疾患の総称です。

 感染症法では、「髄膜炎菌、肺炎球菌、インフルエンザ菌を原因として同定された場合を除く。」と定義されており、これらによる場合には、それぞれ、侵襲性髄膜炎菌感染症侵襲性肺炎球菌感染症侵襲性インフルエンザ菌感染症として扱われます。

2 原因と感染経路

 細菌性髄膜炎の主な病原体は、髄膜炎菌、肺炎球菌、インフルエンザ菌ですが、これ以外にも、B群レンサ球菌やリステリア菌、黄色ブドウ球菌、緑膿菌などのグラム陰性桿菌などがあります。

 感染経路は病原体によって様々ですが、患者の咳やくしゃみなどのしぶきに含まれる病原体による「飛まつ感染」によるものや、病原体が付着した手で口や鼻に触れることによる「接触感染」が多くなっています。

 

3 症状

 髄膜炎の主な症状は、発熱、頭痛、嘔吐を特徴とすることです。意識障害が出ることもあります。首を動かしにくくなる硬直(項部硬直)、大腿筋が動かしにくくなる硬直(Kernig徴候)、首を屈曲すると股関節と膝関節の屈曲が誘発される(Brudzinski徴候)などの症状が見られることがあります。

 

4 治療

 細菌性髄膜炎では、病原体に合わせた抗菌薬療法が行われます。病原体が確定する前からの投与が必要とされているため、様々な細菌に効くように複数の抗菌薬を組み合わせて行われます。また、抗炎症薬の投与など症状に応じた対症療法が行われます。

 

5 予防のポイント

 以下の細菌には予防接種があります。

 予防には手洗いが有効です。

 

6 診断・感染症法との関連

 症状及び、髄液細胞数の増加、髄液蛋白量の増加と糖の減少を検査することによります。

 感染症法上、五類感染症(定点把握対象)として定められ、定点医療機関から毎週その数が報告されています。

 

7 さらに詳しい情報が必要な方は

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。