眼瞼疾患

[No.865] 霰粒腫chalazionと麦粒腫hordeolum (ものもらいstye)とは

清澤のコメント:マイボーム腺炎で瞼の腫れを示す人を見て治療しました。以前、私はこのブログでマイボーム腺炎の解説(本文末尾にリンク)をしましたが、今日はいわゆる物貰い(atyeスタイ)をFort Worth Eye Associatesの記事を参考に説明します。霰粒腫および麦粒腫は、まぶたの縁(眼瞼縁)の感染症です。眼科医は、必要に応じて内科的または外科的に霰粒腫を治療します。研修医の初めに私は簡便に麦粒腫はマイボーム腺の感染症、霰粒腫は無菌性の肉芽腫と説明されました。

   ーーーーーー

霰粒腫と麦粒腫 (ものもらい)

霰粒腫は、まぶたの内側の縁 (結膜側) に発生する痛みの少ない慢性感染症で、ツァイス腺またはマイボーム腺 (皮脂分泌腺) に影響を及ぼします。ものもらい、または麦粒腫は、まぶたの縁 (まつ毛包) にある痛みを伴う感染性病変であり、すぐに発生し、最終的には破れて膿が排出されます。

霰粒腫(眼瞼嚢胞)

霰粒腫は、まぶたの油腺(マイボーム腺)の閉塞と炎症によって引き起こされる、上まぶたまたは下まぶたの特定のタイプのしこりです。まぶたの腺は、潤滑のために目の上に油性の粘液物質を排出します。腺が液体を分泌する狭い隙間が詰まったり、粘液が開口部の周りで固まったりすることがあります。これが起こると、腺はその液体で詰まり、腺壁の腫れと肥厚を引き起こします. これにより、まぶた自体に油が漏れ出し、腺とまぶたの両方に炎症が起こります。炎症と肥大は、霰粒腫として知られているものです。

霰粒腫は、まぶたの縁の眼瞼炎の患者に発生する可能性があり、瘢痕化した慢性的に感染したものもらい(麦粒腫)から形成されます。

ほとんどの霰粒腫は、まぶたを温めて圧迫することで治療でき、その部分の血液循環を促進し、治癒過程を早めます。最初の検査の後、医師は温湿布の後に適用するように設計された抗生物質の点滴または軟膏を処方することがあります。問題が解決しない場合は、眼瞼嚢胞を除去するために外来手術を行うことができます。

霰粒腫切除術

霰粒腫(嚢胞)は、温湿布を繰り返し使用するなど、ほとんどまたはまったく治療を行わなくても自然に治る場合があります。しかし、霰粒腫はそう簡単に治るわけではなく、一度嚢胞にかかった人は将来嚢胞になる可能性が高くなります。嚢胞が自然に消えない場合、または患者が繰り返し苦しんでいる場合、医師は 霰粒腫切除によって外科的に嚢胞を除去することを決定する場合があります.

霰粒腫を除去する外科的処置は、  全身麻酔下で手術 室で行われます(清澤は、全身麻酔は使用せず外来の処置台で処置をします。)患者が眠ったら、まぶたの下側に小さな切開が行われます。その後、炎症を起こした組織がまぶたから取り除かれます。組織が除去されると、医師は切開部を溶解可能な縫合糸で縫合します。(清澤は通常は縫合もしません。)

霰粒腫切除後、切開部位に応じて、まぶたの上または中に軟膏を塗布します。

HORDEOLUM (麦粒腫)

ものもらいは、感染がまぶたの縁にあるまつ毛包または涙腺に由来する外麦芽腫を指します。霰粒腫または内麦粒腫は、マイボーム腺がある結膜側から発生します。

ものもらいは、黄色の膿で満たされたまぶたの縁に赤い隆起として現れ、腫れ、最終的に破れて約 3 ~ 4 日で開きます。

 

マイボーム腺機能不全とその治療

  ーーーーーーー

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。