緑内障

[No.217] 視神経の老化とは?

清澤のコメント:友人との会話に出てきた「視神経の老化」の所見を文献で調べたところ、①の古い古典的な研究がありました。40年前で、私が研修医当時の物です。しかし、この様な詳しい総説は他には見当たりませんでした。②そのほかでは、視神経乳頭に対する性別と加齢の影響・健康な成人の微小循環という東邦大学からの比較的新しいScientific reportsの論文がありました。

① Aging of the Optic Nerve 視神経の老化

Arch Ophthalmol. 1980;98(11):2053-2058. doi:10.1001/archopht.1980.01020040905024
概要

•組織学的研究が、誕生から96歳までの年齢をカバーする300の視神経で実施されました。視神経は小さく、出生時にはほとんど無髄です。それは急速に成長し、髄鞘を持つようにになります。年を重ねるにつれて、軟髄膜と線維性中隔はより広くなり、神経の断面積のますます大きな割合を占めるようになります。軸索は次第に減少し、これはおそらく主に神経節細胞の喪失を反映しており、高齢者の視力低下に大きく寄与するでしょう。他の加齢に伴う変性変化は、星状細胞質のアミラセア体(注1)とリポフスチンです。高齢者では、瘢痕、軸索の腫れ、シュナベルの海綿体変性(注2:本記事のアイキャッチ画像がこれ。)が一般的になり、血管障害の発生率が高いことを示しています。

注1;corpora amylacea in astrocytic cytoplasm;Corpora amylacea(CA)は、老化プロセス中に主に人間の脳の脳室周囲および脊髄下領域に蓄積するポリグルコサン体(PGB)で、アルツハイマー病、パーキンソン病、ハンチントン病等の患者に見られる。CAは1837年までプルキンエによって記述されていたが、その起源と機能は不明なまま。(2018年の記述から)

注2;Schnabel’s cavernous degeneration:シュナベル海綿体変性は、もともと緑内障に起因する組織学的所見です。ただし、その原因と重要性については議論の余地があります。(2003年Giarelli Lの記述)小柳美三先生はこの変化に言及しています。

8668:残る影 (自叙) 小柳美三 を拝読しました(前半編)

11711:残る影 (自叙) 小柳美三 を拝読しました(後半編)

The influences of gender and aging on optic nerve head microcirculation in healthy adults. (出典は本文の末尾を参照)

清澤のコメント:年齢と性別が視神経乳頭における血流に影響しているという事は良いとして、それと病気の関連などは論文の始めの部分だけからでは読み取れませんでした。

要旨:
レーザースペックルフローグラフィー(LSFG)を使用して、視神経乳頭(ONH)微小循環に対する加齢と性別の影響の性質の潜在的な違いを評価しました。 908人の健康な被験者を研究しました(男性= 701、年齢:50.0±9.1歳、女性= 208、49.8±9.5歳、p = 0.76)。心拍の平均、最大(Max)、および最小(Min)平均ブラーレート(MBR)を評価しました。パラメータは、組織、血管、およびONH all(視神経乳頭全体)について個別に分析されました。単変量および多変量回帰分析によって、どのMBR(平均ブラーレート)セクションが性別および年齢と相関しているかを調査しました。
最大MBR-All(r = -0.31)は、性別(男性= 1、女性= 0)と最も強く相関していました。最小MBR-All(r = -0.24)は年齢と最も強く相関し、次に最小MBR-All(r = -0.20)が続きました。 Max MBR-Allに独立して寄与する要因は、性別(β= -0.15)、脈圧、球面屈折、眼灌流圧、および赤血球(RBC)数でした。最小MBR血管に独立して寄与する要因は、性別(β= -0.09)、年齢(β= -0.25)、肥満度指数、心拍数、および球面屈折でした。 Min-MBR-Allに独立して寄与する要因は、年齢(β=-0.22)、心拍数、およびRBC数でした。私たちの結果は、性別の違いが最大MBRに影響を与え、加齢が最小MBRに影響を与えることを明らかにしました。これらの相関は、平均的なMBRの相関よりも強かったです。

(前文)眼の血流を測定するための非侵襲的定量的方法であるレーザースペックルフローグラフィー(LSFG)は、眼底から反射されるレーザー光のスペックルパターンの変化に基づいています。LSFGは赤血球の動きに依存します。網膜、脈絡膜、視神経乳頭(ONH)で、平均ぼけ率(MBR)は眼の血流量の指標です。MBRの測定値は、クラス内相関係数と優れた再現性を示すことが報告されています。瞳孔散瞳による影響はほとんどありません。
MBRは通常、心周期に合わせて調整された118のMBR画像(118フレーム、4秒周期)から計算された平均値として表されます。いくつかの研究は、性差および/または加齢がONH領域6〜9の平均MBRに影響を与えることを明らかにし、年齢および性差がONH領域全体の平均MBRと有意に相関していることを示しています。ただし、平均MBR値は、収縮期から拡張期の心周期中のMBRの変動の平均値であるため、平均MBRの低下は、最大MBRまたは最小MBR、あるいはその両方の低下によって引き起こされます。心周期。最大値の増加と減少によって引き起こされる平均MBR値の変動を仮定しました。 MBRは明らかに異なる方法で発生します。さらに、性差、加齢、およびその他の要因がONHの最大、最小、および平均MBRに及ぼす影響は確立されていません。本研究は、多数の健常者を対象に、ONHのMBR部分の最大値、最小値、平均値に対する性差や加齢の影響を明らかにするために実施しました。

出典:Kobayashi, T., Shiba, T., Kinoshita, A. et al. The influences of gender and aging on optic nerve head microcirculation in healthy adults. Sci Rep 9, 15636 (2019). https://doi.org/10.1038/s41598-019-52145-1

メルマガ登録
 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。