緑内障

[No.354] 前眼部OCT:精密な隅角画像による閉塞隅角眼評価の有用性の説明です

前眼部OCT:精密な隅角画像による閉塞隅角眼評価の有用性の説明です

清澤のコメント:眼科外来でレーザー虹彩切開の適応を決め、患者さんその必要性を説明するのに有効な方法に前眼部OCTがあります。Yue Shi博士らの記載を参考にそれを説明して見ます。

  ―――要点―――

前眼部OCTAS-OCT)は、10年以上にわたって市販されてきましたが、眼科臨床で広くは採用されませんでした。AS-OCTは、隅角の狭い患者を特定し、評価する貴重なツールになります。特に狭隅角や閉塞隅角緑内障の評価に有利です。

導入された最初の前眼OCT機器は、前眼部の評価にのみ使用できました。この機器の高コストも、採用率低迷の要因でした。前眼部OCTが優れた再現性を備えているにもかかわらず、当時の前眼部OCTは、隅角鏡に代わるものではなく、標準的な隅角鏡技術を強化することを目的としていました。緑内障における狭隅角の評価では①隅角鏡で隅角を内側から見る方法と、②細隙灯の光を外斜めから当てて、周辺角膜厚に対する前房深度の比を見るバンヘリックの方法が広く行われていました。

 

臨床的利点

その利点にもかかわらず、隅角鏡には固有の欠点がありました。隅角鏡には、トレーニングを受けての習得が必要です。また用具と患者の目との接触が必要であり、さらに判断は主観的です。また、隅角鏡検査では、検者が意図しない圧迫によって誤って隅角を開く可能性もあります。

前眼OCTは、隅角鏡やバンヘリック法と比較して特定の利点を提供します。それは眼表面との接触を必要とせず、暗闇や標準化された照明条件下で行うことができ、技術補助者でも撮像できます。幸い、臨床医が後眼部を画像化するために広く使用している現世代のスペクトル領域OCTSD-OCT)器具は、前眼部画像も取得できます。SD-OCTデバイスの波長は、通常840 nm870nmです。SD-OCT機器には、前眼部と虹彩角膜の角度のイメージングを可能にする前眼部レンズまたはアタッチメントがあります。ルーチンに行うなら撮像が最も容易な両眼の耳側で記録することもできるでしょう。

隅角鏡検査を使用するための最も一般的な適応症の1つは、虹彩角膜角を調べて閉塞隅角を見つけることです。角膜鏡検査は比較的迅速で簡単に実行できますが、角度の開き具合を正確に記録する簡単な方法がありません。角膜鏡検査のみに基づいて、患者が閉鎖隅角のためにレーザー虹彩切開術を必要とするかどうかを決定するための基準でさえ、十分に定義されていません。

臨床診療において、AS-OCTの最も有用な側面の1つは、スキャンを使用して患者に眼の状態、特に通常は無症候性である狭隅角または原発閉塞隅角(PAC)の患者に状況を教えられる機能です。PACSおよびPACの受け入れられた定義に基づいて、線維柱体の接触の程度を決定することが重要であり、これは、異なる場所で複数のスキャンを取得することによって対処できます。]

図3. 明確な虹彩角膜接触を伴う前房隅角。アドオンの前眼部レンズ(Heidelberg Engineering)を備えたSpectralis(Heidelberg Engineering)によって画像化された。元の画像(A)と解剖学的ランドマークでラベル付けされた画像(B)。略語:デスメ膜、角膜のデスメ膜; 内皮、角膜の内皮; SL、シュワルベライン; TM、線維柱帯

画像が適切に取得された場合、前眼OCTの精度は優秀です。さらに、前眼OCTは周辺部虹彩前癒着を正確に記録することができます.

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。