神経眼科

[No.2543] 視覚野における脳のグルコース代謝の測定は半盲の予後を予測する;謹告、新論文アクセプト

視覚野における脳のグルコース代謝の測定は半盲の予後を予測する

謹告;慶祝アクセプト:01-Apr-2024 >>Dear Dr. Suzuki: >>Your revised manuscript “Measurement of cerebral glucose metabolism in the visual cortex predicts the prognosis of hemianopia” has been reviewed, and I am pleased to inform you that it has been accepted for publication Neurorehabilitation and Neural Repair (インパクトファクター: 4.2 / 5 年間のインパクトファクター: 4.8).

ジャーナル: Neurorehabilitation and Neural Repair (神経リハビリテーションと神経修復)
原稿ID NNR-23-0329.R2
原稿タイプ: オリジナルの研究論文
著者による提出日: 2024 年 2 月 23 日
全著者リスト: 鈴木幸久; 独立行政法人地域医療支援機構 三島総合病院、眼科; 東京都健康長寿医療エンター、神経画像学
清澤源弘; 自由が丘清澤眼科クリニック
石井賢二; 東京都健康長寿医療医療センター研究所 神経画像研究部
キーワード: 脳糖代謝、半盲、黄斑温存、陽電子放出断層撮影、視野
抄録:
背景と目的: 以下によって引き起こされる同名半盲
脳血管疾患は時間の経過とともに改善する場合もあれば、改善しない場合もあります。 この研究は、機能的神経画像研究が脳梗塞による半盲の予後を予測できるかどうかを判断することを目的としました。
方法:同名半盲の患者19名(男性10名、女性9名)を調査し、健常者34名(男性20名、女性14名)と比較しました。 脳の糖代謝は、発症後 1 ~ 6 か月後に 18F-フルオロデオキシグルコース陽電子放射断層撮影法 (FDG-PET) によって測定されました。 両側の関心領域 (ROI) は、後線条体皮質、前線条体皮質、外線条体皮質、および視床で選択されました。 さらに、脳のグルコース代謝に関する半定量データが ROI について取得され、同側/対側 (I/C) 比を計算することによって対側半球の相同領域について取得されたデータと比較されました。 結果: 後線条体皮質における大脳グルコース代謝の I/C 比は 8 人の患者で高く (> 0.750)、これらの患者の中心視野は回復するか黄斑温存を示しました。 前線条体皮質における大脳糖代謝の I/C 比は高かった (>7 人の患者における 0.830)、およびこれらの患者の周辺視野は回復しました。 しかし、I/C比が低い9人の患者では、後部と後部の両方で脳の前線条皮質グルコース代謝の改善は見られませんでした。

結論:脳の線条皮質における糖代謝の測定は視野の予後を推定するのに有用である。 FDG-PETは半盲の予後予測に有用です。

メルマガ登録
 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。