神経眼科

[No.226] パーキンソン病と視覚症状:目につくままのメモです

清澤のコメント:オフサルモロジーレレチナからの直近のレターに、乳頭周囲網膜血管とパーキンソン病の病気の関連を述べた論文の紹介がありましたが、その結果は否定的なものでした。
そもそも、パーキンソン病では突進歩行などの特有な漸進的な運動障害が認識されていますが、重症になると認知症を合併します。また眼科外来診療では、非定形的な複視を訴える症例を見ることがしばしばあります。
PDでは、網膜のドパミン欠乏および視覚野のドパミン作動性神経支配の減少によって眼球運動調節能、対比感度、色覚、視空間構築能などに問題が生じうるほか、脂漏性眼瞼炎と乾性角結膜炎(ドライアイ)のリスクも上昇するとされています。
パーキンソン病の視覚症状に関する代表的なレビューには次の物があります。
Armstrong RA. Visual Dysfunction in Parkinson’s Disease. Int Rev Neurobiol. 2017;134:921-946. doi: 10.1016/bs.irn.2017.04.007. Epub 2017 May 31. PMID: 28805589.

 2017; 134:921-946。 doi:10.1016 /bs.irn.2017.04.007

パーキンソン病の視覚機能障害リチャードAアームストロング  DOI: 10.1016 / bs.irn.2017.04.007

その概要は:

パーキンソン病(PD)で遭遇する可能性のある視覚的な問題と、そのような兆候がパーキンソン症候群の鑑別に役立つかどうかについて説明します。PDの視覚機能障害には、視力、コントラスト感度、色の識別、瞳孔反応性、衝動性および追跡眼球運動、運動知覚、視野、および視覚処理速度が含まれる場合があります。さらに、視空間方向の乱れ、顔認識の問題、急速眼球運動(REM)睡眠行動障害、および慢性的な視覚的幻覚が存在する可能性があります。レム睡眠行動障害を伴う場合、瞳孔反応性、立体視、追跡眼球運動、および視覚運動適応に影響を与える問題は、PDの初期の特徴である可能性があります。PDに関連する認知症は、眼球運動の問題の増大に関連しています。視空間障害、および視覚的幻覚。視覚機能障害は、PDを他のパーキンソン症候群の症状、視覚幻覚、視空間機能障害、および衝動性眼球運動の問題の変化から区別するのに有用な診断機能であり、特に有用な識別機能である可能性があります。

キーワード: 鑑別診断; 目の動き; パーキンソン病認知症; パーキンソン症候群; 視覚機能障害; 視覚的な幻覚。

◎次に、公衆衛生学的な視点では、 Neurology. 2020 Apr 7;94(14):e1539-e1547.

doi: 10.1212/WNL.0000000000009214. Epub 2020 Mar 11.で、

Seeing ophthalmologic problems in Parkinson disease: Results of a visual impairment questionnaire Carlijn D J M Borm 1 がありますが、

その分析は構造に応じて4つのドメインに対応させ、(1)眼表面(2)眼内; (3)眼球運動; (4)視神経。質問票はまた、日常の活動に対する眼の症状の影響を評価し、それぞれに有意の差が出ていました。結論は、 PDの患者は、対照よりも眼症状の有病率が高い。さらに、これらは日常の活動を頻繁に妨害します。と一般的表面的な意見にとどまっています。

◎さらに新しい記載では、注目点が個々の視覚機能から、睡眠障害の方向に話が進んでいました。(これは話の出発点である眼科医や神経眼科医の興味からは少し外れるかもしれません。) 2021年12月; 31(4):643-682。

 doi:10.1007 / s11065-020-09473-1。 Epub 2021年3月29日。

パーキンソン病における睡眠障害と認知機能障害:メタ分析研究

概要

パーキンソン病(PD)では、睡眠障害と認知機能障害との関係が報告されていますが、一部の研究ではその関連性が確認されていません。睡眠障害と認知機能障害との関係を調査し、睡眠障害のあるPD患者の認知状態の進展を明らかにするために、メタ分析研究が実施されました。体系的な文献検索は、PubMed、Scopus、およびPsycINFOを使用して2020年11月まで実施されました。データベース。睡眠障害の有無にかかわらず患者間の神経心理学的比較についての結果を提供する英語の査読ジャーナルに発表された研究を含めました。クロスセクションデータのメタアナリシスには、レム睡眠行動障害(RBD)の54の研究、日中の過度の眠気(EDS)の22の研究、閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)の7の研究が含まれていました。むずむず脚症候群(RLS)の場合は13、不眠症の場合は5、縦断的データのメタ分析には7つの研究が含まれていました。RBDは、グローバルな認知機能、記憶、実行機能、注意/作業記憶、言語、および視空間能力の欠陥に関連していました。 。EDSは、グローバルな認知機能と注意および作業記憶能力の欠陥に関連していたのに対し、RLSおよびOSAはグローバルな認知機能障害に関連していた。さらに、RBDのあるPD患者とEDSのある患者は、ベースライン評価ではなくフォローアップ時に睡眠障害のないPD患者よりも成績が悪かったことを明らかにしました。私たちの結果は、睡眠障害が、これら、特にレム睡眠行動障害が前頭葉ネットワークと後部皮質領域の異常を反映していることを間接的に支持する認知障害に関連していることを示唆しています

キーワード: 認知機能障害; 認知症; パーキンソン病; レム行動障害; 睡眠障害。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。