神経眼科

[No.1355] 医学文献における「乳頭浮腫papilledema」という用語の不適切な使用: 論文紹介

清澤のコメント:papilledema鬱血乳頭は脳圧に亢進があって視神経乳頭に浮腫(その実態は軸索流が視神経乳頭付近で阻止されて起きる細胞内小器官の滞留)を生じたものであり、視神経の炎症などによって同様の見かけ(つまり乳頭の隆起)を生ずるOptic Disc Edema,(あるい乳頭浮腫は変化の原因を問わない)とは区別される必要があるという事は多くの神経眼科医によって繰り返し主張されてきた。私も、師事した先輩方に何度も言われたことであったが、この単語の定義をいい加減にすると、その病態に対する最適な治療法の選択を誤らせることになる。だからこの2つの単語は厳密に使い分けられねばならないという主張です。

   ーーーーーー

医学文献における「乳頭浮腫」という用語の不適切な使用

専門分野にわたる症例報告の体系的レビュー

トピック

「乳頭浮腫papilledema」という用語は、頭蓋内圧に関連しない視神経乳頭浮腫 (ODE: optic disc edema) を説明するとき、または眼底検査でさまざまな方法で誤用されることがよくあります。ただし、これらのエラーの程度は、症例報告では不明です。

臨床的関連性

「乳頭浮腫」は、頭蓋内圧上昇(ICP)に続発するODEを指す。乳頭浮腫は、神経眼科医への紹介の主な理由です。どのような専門分野においても、乳頭浮腫は ODE の他の原因と区別する必要があります。不適切に管理された場合、乳頭浮腫は永久的な視力喪失を引き起こす可能性があります。

メソッド

Open Science Framework (デジタル オブジェクト識別子: 10.17605/OSF.IO/BUQS3) に登録されたプロトコルを使用した横断的な証拠に基づく研究。Ovid MEDLINE および EMBASE から、2011 年 1 月から 2022 年 3 月までの間に、タイトル、要約、または記事のキーワードに「乳頭浮腫」が含まれる症例報告を含めました。 )、タイプ 2(ICP 上昇の証拠を見つける前に検査で「乳頭浮腫」を宣言)、タイプ 3(タイプ 1 と 2 の両方のエラー)、またはエラーなし。

結果

722 件の症例報告のうち、合計 482 件のエラー (66.8%) がありました。タイプ 1 のエラーが 12 件、タイプ 2 のエラーが 360 件、タイプ 3 のエラーが 110 件、エラーのない研究が 240 件ありました。眼科、神経内科、神経外科が最も代表的な分野でしたが、すべての専門分野の中でエラーの発生率が低かったのは眼科だけでした。それにもかかわらず、少なくとも 10 件のレポートが含まれているすべての専門分野では、エラーの発生率が高かった (>30%)。エラー発生率の低下は、インパクトファクターの高いジャーナル、非オープンアクセスの出版モデル、および英語の公用語を持つ出身国と有意に関連していました。エラーの発生率は、発行年と有意に関連していませんでした。また、記事の引用数とあらゆるタイプのエラーの発生率との関係は、有意に達しませんでした。バイアス分析のリスクは、エラーの発生が症例報告研究デザインの質とは無関係であることを示しました。

結論

「乳頭浮腫」は、眼科の症例報告の中でも広く誤用されています。伝播が許可されると、このエラーが ODE 患者へのケアの提供を誤解させる可能性があります。私たちの結果は、症例報告に限定されていますが、医学教育におけるより徹底的な査読基準と神経眼科への露出の必要性を示しています。

キーワード

略語と頭字語:

ICP頭蓋内圧)、IQR四分位範囲)、MR磁気共鳴)、ODE視神経乳頭浮腫)、SD標準偏差

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。