全身病と眼

[No.699] コロナウウイルス感染後のブレインフォッグと脳の変化:論文紹介 その2

コロナウウイルス感染後の脳はどのような変化を持っているか?

神経眼科医、清澤のコメント:ネイチャーにこれほど大規模な研究が発表されますと、中規模の研究が新たに割り込む余地は少なそうです。PET を用いた研究でも、それなりの規模の論文が引用(末尾注参照)されていました。結論として、大脳辺縁系にブレインフォッグの責任病巣はあるようです。

  ーーーーーーーーーー

概要

COVID – 19 には関連異常強力証拠あります。ただし、SARS-CoV-2感染の影響が軽度の症例で検出できるかどうか、およびこれが脳の病理に寄与する可能性のあるメカニズムを明らかにできるかどうかは不明です。ここでは、磁気共鳴画像法を使用して2回画像化されたUK Biobank(51〜81歳)の785人の参加者の脳の変化を調査しました。診断と2回目のスキャン、および384のコントロールを平均的に分離します。感染前の画像データが利用できることで、既存の危険因子が病気の影響として誤解される可能性が低くなります。2つのグループを比較すると、有意な縦断的影響が確認されました

(1)眼窩前頭皮質および海馬傍回における灰白質の厚さおよび組織のコントラストの大幅な減少。

(2)一次嗅皮質に機能的に接続されている領域の組織損傷のマーカーの大きな変化。

(3)SARS-CoV-2の症例では、全体的な脳のサイズが大幅に減少します。SARS-CoV-2に感染した参加者も、2つの時点で平均してより大きな認知機能低下を示しました。

重要なことに、これらのイメージングと認知の縦断的効果は、入院した15人の患者を除外した後も依然として観察されました。これらの主に辺縁系の脳イメージングの結果は、嗅覚経路を介した疾患の変性拡散、神経炎症性イベント、または嗅覚障害による感覚入力の喪失の生体内の特徴である可能性があります

清澤注:① 単語の説明

大脳辺縁系

大脳皮質内側部の領域で、帯状回、扁桃体、海馬、海馬傍回等からなる。 他の大脳皮質(大脳新皮質)と比べて発生学的に古い型の皮質。 情動、記憶、本能行動、動機付け、自律神経調節など多彩な機能に関係している。

②私がかつて研究手段として利用していたPET(ポジトロン断層法)に関連した脳の研究にも次のものがあります:(上記①の前文から引用)

「コロナウイルス感染と認知障害の相関に焦点を当てた最近のPETコホート研究では、亜急性期のCOVID-19患者29人で、フルオロデオキシグルコース画像で明らかになった前頭頭頂部の関与「(18F-FDGで示される)代謝低下」が示されました18。別のグルコースPET研究では、両側眼窩回および右内側側頭葉における両側性代謝低下が示されています25

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。