全身病と眼

[No.1346] フレイル症候群が内因性眼内炎の発症と転帰に及ぼす影響

全身の虚弱を意味するフレイル症候群は眼内炎の発症にも関連し、死につながることも多いのですが、そのあたりを調べた論文です。敗血症を問題にしています。ただし収集されたデータは少し古め。全身ではなく、目のフレイルを特に日本眼科学会では取り上げて、対策を打とうという試みがなされています。

   ーーーーーーーー

フレイル症候群が内因性眼内炎の発症と転帰に及ぼす影響、人口レベルの分析

公開日: 2022 年 7 月 14 日DOI: https://doi.org/10.1016/j.ophtha.2022.07.006

目的:敗血症患者の内因性眼内炎 (EE) の発症と臨床転帰に対するフレイルの影響を特徴付けます。

デザイン:集団レベルの後ろ向きコホート研究。

参加者:細菌性敗血症と診断された全国入院患者サンプル (2002 年から 2014 年) 内の成人入院患者。

メソッド:敗血症患者は、以前に検証されたジョンズ・ホプキンス調整臨床グループのフレイル定義診断指標を使用してフレイルまたはノンフレイルとして分類され、内因性眼内炎EEの診断は国際疾病分類9コードから抽出されました。多変量ロジスティック回帰を使用して、フレイル状態に基づく EE の発生率と院内死亡率のオッズ比 (OR) を生成しました。また、フレイルと血液培養で証明された微生物クラス、入院患者の滞在期間、および保険に請求される合計料金との関連性も調べました。

主な結果の測定:敗血症患者における EE の発生率;虚弱患者と非虚弱患者の EE 発症率。血液培養で証明された微生物の種類、滞在期間、および保険に請求される合計料金。

結果:18 470 658 人の入院患者のうち 9294 人 (0.05%) が EE を発症し、そのうち 2102 人 (22.6%) が少なくとも 1 つの虚弱を定義する特徴 (主に栄養失調 [68%]) を持っていた年齢、性別、人種、付随するヒト免疫不全ウイルス/エイズ、化膿性肝膿瘍、感染性心内膜炎、肝硬変、慢性合併症を伴う糖尿病。フレイル EE 患者は、年齢、性別、人種、および Elixhauser 併存疾患スコアに関係なく、院内死亡のオッズが 27.9% 増加しました (OR、1.279; 95% 信頼区間、1.056–1.549)。メチシリン耐性黄色ブドウ球菌菌血症の発生率が高い (14.3% 対 10.9%、P = 0.000016)、グラム陰性菌血症 (7.6% 対 4.9%、P = 0.000003)、および付随するカンジダ血症 (10.4% 対 7.0%、P= 0.0000004) はフレイルと関連していた。フレイル EE 患者の入院期間は有意に長く (中央値 14 日; 四分位範囲 19 日;P< 0.00001)、保険に請求される総請求額は有意に多かった (中央値 96,398 ドル; 四分位範囲 $154,682;P< 0.00001)。

結論:虚弱症候群は、細菌性敗血症の設定における EE の発症と独立して関連しています。フレイル関連 EE は、栄養失調および特定の細菌サブタイプの患者に発生する可能性があり、院内死亡率および医療リソースの使用率が高くなる傾向があります。

キーワード

略語と頭字語:

CI信頼区間)、EE内因性眼内炎)、HIVヒト免疫不全ウイルス)、ICD9国際疾病分類9)、IQR四分位範囲)、NIS全国入院患者サンプル

敗血症の人の「目」はどうなるのか? 糖尿病、がんなどリスクの高い人は要注意:自著記事紹介

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。