視力低下

[No.193] COVID-19ワクチン接種後の視神経炎が注目されています

清澤のコメント;本日の日本神経眼科学会では、COVID-19のワクチン接種後に視神経炎を発症した一例(室蘭総合病院・片山博康)とCOVID-19のワクチン接種後の視神経炎の2例(井上眼科病院、山崎美香ほか)が報告されていた。ともにワクチン投与直後に発症しており、ワクチン投与との関連が疑われる。片山例は未検だったが、山崎例は2例とも抗体MOG抗体が陽性であった点が特に注目される。同様の症例報告を渉猟してみると、COVID-19ワクチン接種後の視神経炎というクリスチャンガルシア-エストラーダほかの直近の論文があり、初版 が2021年11月9日であった。

https://doi.org/10.1111/cen3.12682

その概要は:COVID-19のパンデミックが増加し続ける中、効果的なワクチンの開発は、さらなる罹患率と死亡率を防ぐために非常に重要である。並行して、COVID-19ワクチンに関連するいくつかのまれな有害事象が報告されており、それらのほとんどは軽度である。本報では、Ad26.COV2.Sワクチンの単回投与の1週間後に視神経炎を発症し、ステロイドによる管理後に著しい改善が見られた、以前には健康だった19歳の女性例。生物学的マーカーがないため因果関係を確認することはできないが、この症例は潜在的な病原性メカニズムのさらなる研究を導くのに役立つ可能性がある:としている。

この論文の緒言では:現在6つのCOVIDワクチンが規制当局によって緊急使用が許可され、これまでに60億人近くがワクチン接種を受けた。これと並行して、COVID-19ワクチンに関連するいくつかのまれな有害事象が報告されており、それらのほとんどは軽度である。本報では、Ad26.COV2.Sワクチンの単回投与の1週間後に視神経炎を発症した19歳の女性の症例を報告した。

症例;関連する病歴のない19歳の女性が、眼の痛みと両側の視力喪失のために救急科を受診。彼女は、初診の3週間前に、COVID-19に対するAd26.COV2.Sワクチンの単回投与を受けていた。ワクチン接種の1週間後、患者は主に視線の水平方向の動きに伴う左眼痛を訴えた。次の5日間で、彼女は左眼の視力低下に気づいた。彼女は、発熱、呼吸器または他のタイプの症状の存在を否定した。臨床評価で、患者は左黒内障、求心性瞳孔欠損を発見され、眼底検査は左眼の乳頭炎を明らかにしました(図 1)。右眼に異常はなく、他の神経障害もは観察されなかった。炎症性視神経炎の臨床診断がついた。

図1 乳頭炎と曲がりくねった網膜血管

(ここでは血液検査結果は略)患者は高用量のステロイド静脈注射を受け、2日目から視力が改善し、5日目にほぼ完全に回復。その後4週間にわたって漸減スケジュールで経口プレドニゾロン(1 mg / kg)が投与された。

考案:ギランバレー症候群(GBS)、脳卒中、顔面神経麻痺、急性散在性脳脊髄炎(ADEM)などの他の重要な神経学的副作用が報告されている。そして、視神経炎(ON)は、炎症性、自己免疫性、または感染性疾患に起因する可能性がある。視神経炎は、A型およびB型肝炎、インフルエンザ、はしか、肺炎球菌ワクチン、ヒト乳頭腫ウイルス、狂犬病、BCGなどのさまざまな種類の感染性病原体を含むワクチン接種に関連する最も一般的な脱髄状態であるが、これまで、SARS-Cov-2ワクチン接種に関連した視神経炎の症例は報告されていない。これらの自己免疫/炎症イベントの根底にあるメカニズムはほとんど知られていないが、いくつかの点は注目に値する。①一部のワクチンアジュバントは、NLRP3インフラマソームの活性化を誘導し、炎症を免疫に誘導する。②分子模倣は、COVID-19関連の免疫現象で提案されているもう1つのメカニズムであり、mRNAの翻訳後に発現するウイルスタンパク質が、ヒト組織との免疫交差反応性を誘発する。著者は、ステロイドに対する良好な臨床反応がMOG関連疾患(MOGAD)の可能性を強く示唆していることを認識しているが、抗体検査は発表時に未検であるとしていた。

理論的根拠は、ウイルスベクターワクチンが脳神経経路にアクセスして、視神経炎を引き起こす炎症誘発性反応を複製および誘発する可能性があるということ。これらの仮説にもかかわらず、著者は、ワクチン接種と視神経炎の因果関係を確立することの難しさを認識している。それにもかかわらず、時間的にみてもワクチン投与は症状の発症への共通のメカニズムを強く示唆している。

結論;我々は、SARS-Cov-2ワクチン接種と密接な時間的関連を伴う視神経炎を発症した以前は健康だった19歳の女性の症例を提示した。因果関係を確認することはできないが、この症例は潜在的な病原性メカニズムのさらなる研究を導くのに役立つ可能性がある。

関連事項;コロナ感染は抗MOG抗体関連脊椎炎とも関連があるという話もある。

12980:非典型的視神経炎の鑑別診断:毛塚剛司先生、聴講印象記

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。