コンタクトレンズ・眼鏡処方

[No.754] フザリウム角膜炎を思い出そう

清澤のコメント;世界のバナナがフザリウム(枯草菌)により全滅の危機に瀕しているというニュースが20227月現在報道されています。フザリウムと言えば思い出されるのが、コンタクトレンズ装用者の間で2005年ころに広がったフザリウム角膜炎です。Review of ophthalmology 記事を参考に振り返ってみましょう。

表面の荒れて汚れたハードレンズを年余にわたり交換せず使用する人もいます。私は、メルスプランなどのハードコンタクトレンズを含むコンタクトレンズの定期的交換システムはこの危険を回避するのに有効かと思います。

  ―――要点採録―――

フザリウムの発生:学んだ教訓

マーク・B・アベルソン医学博士とケイト・フィンク2006914日公開

2005年から2006年のフザリウム角膜炎発生:初期の報告は眼科医療業界全体の注目を集めた。状況の緊急性と緊急性は低下したように見えるが、学ぶべきことがたくさんある。フザリウムは、熱帯および亜熱帯気候の土壌および植物に存在し、感染症はこれら地域の農業労働者に見られる。しかし、米国北部地域でフザリウム角膜炎の非定型発生率が見られた。

日和見糸状菌フザリウムは、人間にさまざまな感染症を引き起こす可能性がある。眼内炎; 中耳炎; 爪真菌症; 皮膚感染症; 肺感染症および心内膜炎。最も一般的には、Fusarium solaniは眼感染症の原因として報告されて、この真菌は治療抵抗性で扱いにくい。真菌感染症は、薬剤耐性があり、角膜の奥深くまで浸透する傾向がある。

識別と治療:フザリウム角膜炎はまれではなく、めったに探しだされない病気である。診断が遅れるほど、フザリウムが角膜の奥深くに移動してデスメ膜に浸透する傾向があるので、後遺症なしで病気を制御することがより困難になる可能性が高くなる。

真菌性潰瘍は、最初の症状では細菌性角膜炎に似ているように見えることがある。初期の兆候と症状には、充血と刺激感が含まれ、目に見える浸潤に数日先行する可能性がある。涙、流涙、羞明、視力の低下、前房反応も真菌性角膜炎で発生する可能性がある。浸潤物は形態学的特徴が異なる可能性がある。上皮の下の深い間質浸潤と同様、中心または周辺のいずれの位置も可能。前房蓄膿の可能性があるが、通常は細菌性角膜炎ほどではない。

培養物を得る際には、表面的な上皮を超えて、感染部位まで徹底的に剥離とし、十分に深く取る注意が必要。レンズ、レンズケースと溶液キャップ培養も、真菌の存在と眼の汚染につながる保存容器に関する有用な情報を提供する。レンズケースの培養結果が入手できたすべての患者で、レンズケースの汚染がフザリウム角膜炎を伴うことがわかった。局所点眼用抗真菌剤が最適な治療法であり、多くの場合、薬物の組織浸透を確実にするために繰り返し角膜掻き取りと組み合わされる。

「パーフェクトストーム」の起源

専門家は現在、最近のフザリウムの発生は、感染に最適な環境を作り出したいくつかの異なる要因の合流の結果であると考えています。寄与している問題には、アレキシジンと呼ばれる新しい消毒剤と、フザリウムをコーティングして根絶から保護することによってこの消毒剤に対抗するポリマーを含むMoistureLocレンズケアシステムの成分の組み合わせが含まれていた。BauschLombは、この化学的相互作用は、レンズケースを完全に空にして補充するのではなく、レンズケースに溶液をトッピングするなど、レンズケースのクリーニングと交換のスケジュールを指摘しました。

1989年から2000年までの中国の眼真菌感染症を分析した研究は、眼感染症に関係する真菌の種類の変化傾向を示していた。フザリウム感染症は、1989年から1994年の症例の53.6パーセントから1995年から2000年の60.2パーセントに増加した。同時に、アスペルギルスの割合は同じ期間に22.3パーセントから15.1パーセントに減少した。

衛生とレンズケア:レンズケアの衛生状態は、溶液中で発生する化学的相互作用と相まって、これらの個人の感染に対する感受性を高め、フザリウム角膜炎の問題の一部として関係している可能性がある。開業医として、私たちは患者を責めないように注意しなければなりません。感染は多くの要因から生じる。代わりに、リスクを最小限に抑えるために個人がとることができる前向きな措置を強調する必要がある。レンズケアの衛生状態は、おそらく微生物性角膜炎につながる関係の中で最も容易に改善できる部分だ。

優れた衛生習慣には、患者の教育と遵守が必要。レンズケア、洗浄レジメン、および衛生に関する徹底的で適切な患者指導を確実にするための措置を講じよ。これには、新しいコンタクトレンズ装用者に連絡するリマインダーシステムも含まれる場合がある。コンプライアンスを文書化するための臨床試験で使用されるものと同様に、患者に説明責任の感覚を与え、患者が携帯し続けることを保証することができる。

長期にわたってレンズ装用者との緊密な接触を維持することも重要で、これはレンズケアの実践をチェックする機会となり、訪問の合間に陥った可能性のある悪い習慣から患者を揺さぶる可能性がある。同様に重要なのは、感染の可能性がある場合に、できるだけ早くそしてできるだけ早く医療を求めることを患者に指示することだ。

レンズケアの未来:いくつかの要因の説明はもっともらしいように見えるが、いくつかの疑問が残る。フザリウム角膜炎の発生の正確な原因に対する絶対的に決定的な答えは決して見つからないかもしれない。疫学者は要因とリスクの増加について話す。

絶好の機会:最近広く報道されたフザリウムの発生による感染症に対する患者の意識の高まりにより、コンタクトレンズ装用者がレンズのケアと衛生に関する指導と推奨を特に受け入れるというユニークな機会がある。リスクはコンタクトレンズの摩耗に固有のものであることを患者に理解させる必要があるが、いくつかの形態のリスクを最小限に抑えるために多くの要因が彼らの管理下にある。

  • 清潔で洗った手でレンズをこすりあらいすると、レンズの汚れを取り除くのに役立つ。
  • 最初にレンズ、後でメイク。
  • レンズケースは微生物の繁殖地になることが多いので、特に手入れが必要。徹底的なすすぎと溶液の完全な補充(補充ではない)、およびケース自体の頻繁な交換。
  • バリアを構築する。フザリウムは時々流しや排水溝に潜むことがあります。レンズの挿入中にシンクに清潔なペーパータオルまたはティッシュを置くと、保護層を提供できます。
  • 充血はレンズ停止を意味します。オーバーウェアは強くお勧めできません。できるだけ早くケアを求めることを奨励し、促進する必要がある。
  • レンズを通してだけでなく、レンズを見てください。レンズに小さな傷やひびが入っていると、微生物が付着するのに適した場所になる。

問題の第2の側面は、参照できる発生率の正確なベースラインレベルがあること。バスコムパーマー眼研究所は、フザリウム角膜炎の症例の27%がコンタクトレンズの摩耗に関連していると指摘した。2005年には、この割合は50%に増加し、2006年の最初の3か月で82%に急増した。最近のフザリウムの発生は、多くの変数が収束して、有害な影響を伴う完全な嵐を作り出していたことを示唆している。

アベルソン博士はハーバード大学医学部の眼科の准臨床教授であり、シェペンス眼科研究所の上級臨床科学者。Fink氏は、メディカルライター。

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。