コンタクトレンズ・眼鏡処方

[No.114] .コンタクトレンズ関連角膜潰瘍:とは、記事紹介

コンタクトレンズ装用者に角膜潰瘍を見ることがあります。総説を短縮して紹介します。2010; 5 Malays Fam Physiciaオ参考に

概要

感染によって引き起こされる角膜潰瘍は、世界中の失明の主な原因の1つです。最近の健康上の懸念の1つは、特にユーザーがコンタクトレンズの使用に関する特定の指示に従わなかった場合に、コンタクトレンズのユーザーに関連する角膜潰瘍の発生率が増加することです。コンタクトレンズ関連の角膜潰瘍のリスク増加に関連する危険因子は、一晩の着用、長期間の継続的な着用、社会経済的階級の低下、喫煙、ドライアイ、および衛生状態の悪さです。コンタクトレンズ関連の角膜潰瘍の症状には、目の不快感、異物感、流涙などがあります。より深刻な症状は、発赤(特に角膜周囲注射)、激しい痛み、羞明、目の放電、視力障害です。診断は、フルオレセイン染色とグラム染色および感染性微生物の培養のための角膜掻き取りを伴う徹底的な細隙灯顕微鏡検査によって確立されます。診断と治療の遅れは永続的な失明を引き起こす可能性があるため、眼科医への早期紹介と抗菌療法の開始により視力喪失を防ぐことができます。

キーワード:コンタクトレンズ、角膜潰瘍、診断、予防

前書き

コンタクトレンズの使用は1887年に最初に報告されました。それ以来、それは大いに展開しました。ハードコンタクトレンズは1950年代に市場に登場し、70年代初頭にソフトコンタクトレンズ、70年代後半に硬質ガス透過性レンズが続きました。今日、世界中で8500万人以上がコンタクトレンズを使用しています。懸念の1つは、特にコンタクトレンズの使用において厳格な支持に従わない場合、コンタクトレンズの使用者に関連する角膜潰瘍の発生率が増加していることです。感染によって引き起こされる角膜潰瘍は、世界中の失明の主な原因の1つです。コンタクトレンズ上の細菌のコロニー形成は、最終的に角膜感染症と潰瘍形成につながります。状態が深刻な場合、それは永久的な視力喪失を引き起こします。

コンタクトレンズ関連の角膜潰瘍の発生率

微生物性角膜炎の発生率は、リジッドコンタクトレンズ使用者で年間約2 / 10,000、日常装用ソフトコンタクトレンズで年間2.2-4.1 / 10,000、長時間装用ソフトコンタクトレンズで年間13.3-20.9 / 10,000です。マレーシアでは、コンタクトレンズ関連の角膜潰瘍の78.9%が陽性の微生物培養を持っていると報告されました。別の研究では、角膜潰瘍の78.1%がグラム陰性菌によってコロニー形成されていることがわかりました。

コンタクトレンズ使用者の潰瘍形成のリスク増加に一貫して関連する危険因子は、一晩の装用、継続的な装用の持続時間、社会経済的階級の低下、喫煙およびレンズ衛生の実践です。

コンタクトレンズ関連角膜炎の病因

角膜潰瘍は、角膜上皮が破壊で発症します。正常眼では、角膜の表面は常に涙液膜によって潤滑されています。涙は、水分環境を維持することに加え、角膜に適切な酸素を供給するのに主要な役割を果たします。研究によると、コンタクトレンズを一晩継続して使用することが角膜潰瘍形成の主要な危険因子であることが示されています。睡眠中のコンタクトレンズは角膜上皮の低酸素症および高炭酸ガス血症を引き起こし、虚血性壊死をもたらします。

特に緑膿菌による重度の細菌感染は非常に重篤であり、迅速に治療しないと24時間以内に永久的な視力喪失につながる可能性があります。細菌感染には、バイオフィルム形成に関連する複雑なメカニズムが関係しています。このバイオフィルムは、角膜や他の細胞などの滑らかな表面への微生物の付着を促進し、栄養素や老廃物の交換も促進します。緑膿菌は、眼のバイオフィルム形成することができる最もよく知られている細菌の1つです。

ドライアイは、コンタクトレンズユーザーが経験する一般的な症状です。涙液膜の蒸発率は、通常の湿気のある状態のコンタクトレンズ使用者の間でより高く、これは、コンタクトレンズによって誘発されるドライアイの一因となります。角膜潰瘍形成の素因となる他の既知の要因は、レンズの材質、レンズのデザイン、レンズの装用スケジュールです。レンズケアパターンと個人衛生、重度のアレルギー、免疫抑制状態、男性の性別です。

コンタクトレンズ関連の角膜潰瘍の症状を示す

角膜潰瘍の症状は、潰瘍の重症度や患者が治療を求める時期によって、患者毎に異なります。初期の症状には、目の不快感、異物感、まぶたの腫れ、目の水やりなどがあります。深刻な症状には、充血、激しい痛み、羞明、眼脂、視力障害です。前房蓄膿は、重症の場合や患者が診療所に遅れて来院した場合に発生する可能性があります。

コンタクトレンズ関連の角膜潰瘍の眼の兆候

角膜潰瘍は深刻な問題であり、治療が遅れると失明につながる可能性があります。目の表面検査では、結膜充血、裂傷、または浮腫性角膜のみが示される場合があります。ペンライトで角膜表面変化を確認することは困難です。角膜潰瘍が疑われるすべての患者は、完全な眼の評価のために眼科医に紹介するべきです。角膜潰瘍は、角膜がフルオレセイン染料で染色された後、細隙灯顕微鏡でよく見えます。他の所見には、巨大乳頭結膜炎、角結膜炎、点状上皮糜爛、上皮分裂、ソフトレンズによる点状染色、角膜紋理、角膜趨壁、角膜血管新生があります。患者の視力は、治療後の進行状況の評価の一部として文書化する必要があります。

調査

グラム染色および培養および抗生物質感受性研究のための上皮サンプルを得るための角膜培養は、すべての疑わしい感染原因において必須です。関連する一般的な感染因子。ケース内のコンタクトレンズ溶液も、グラム染色および微生物学的検査に提出が必要です。

処理

コンタクトレンズ関連潰瘍の管理における最も重要なステップは、角膜潰瘍または感染症が疑われたらコンタクトレンズを中止することです。角膜潰瘍および感染症の実際の治療は、根底にある病因に依存します。永久的な視力低下を防ぐために、すべてのタイプの角膜潰瘍には迅速な治療が必要です。通常、アミノグリコシドやフルオロキノロンなどの選択された症例では、集中的な局所抗生物質/抗真菌療法と全身抗生物質/抗真菌薬が必要です。感受性プロファイルは、培養結果に基づいて、治療の過程で常に見直す必要があります。

コンタクトレンズ関連潰瘍の予防

患者教育は、コンタクトレンズ関連の角膜潰瘍の予防の重要な1つです。コンタクトレンズのユーザーは、適切なレンズケア、使用期間、および目の衛生ケアに関してカウンセリングを受ける必要があります。コンタクトレンズのユーザーは、認定されたアイケアの専門家から正しいレンズを入手する必要があります。角膜潰瘍を発症する危険因子がわかっている人は、コンタクトレンズの使用に注意が必要です。コンタクトレンズを一晩着用したりすることは避けなければなりません。長時間装用コンタクトを使用している場合でも、研究により、重篤な眼の感染症のリスクが高いことが証明されています。抗ヒスタミン薬、ほこり、煙、刺激物など、目の乾燥につながる可能性のある状態は避けなければなりません。コンタクトレンズの使用者は、コンタクトレンズの使用後に刺激、発赤、不快感などの異常な症状が発生した場合は、コンタクトレンズを取り外し、できるだけ早く適切な評価と治療を求める必要があることを通知する必要があります。

結論

コンタクトレンズの人気が高まるにつれ、コンタクトレンズ関連の角膜潰瘍がより蔓延している。永続的な視覚障害を防ぐには、早期の診断と治療が最も重要です。プライマリケアクリニックで見られた角膜潰瘍が疑われるすべての症例は、永久的な視力喪失を防ぐための確認と早期治療のために眼科医に迅速に紹介されるべきです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。