ドライアイ

[No.115] ベル麻痺とは

清澤のコメント:片側の顔面神経にマヒを起こす疾患の代表的なものがベル麻痺です。この病態では片方の目をきちんと閉じられないという症状が起き、時にはそのために角膜が露出して細かい傷を生ずることがあります。ジョンスホプキンス大学の記載を基におさらいをしてみます。

ベル麻痺とは何ですか?:ベル麻痺は、顔面の筋肉の麻痺する原因不明の病態です。それは突然始まり、48時間で悪化します。この状態は、顔面神経(第7脳神経)の損傷に起因します。痛みや不快感は通常、顔や頭の片側に発生します。

ベル麻痺は、年齢を問わず誰でも襲う可能性があります。これは、妊娠中の女性、および糖尿病、インフルエンザ、風邪、またはその他の上気道疾患を患っている人々に最も頻繁に発生します。ベル麻痺は男性と女性に等しく影響を及ぼします。15歳以前または60歳以降はあまり一般的ではありません。

ベル麻痺は永続的なものとは見なされませんが、まれに消えずに残ることがあります。現在、ベル麻痺に既知の治療法はありません。ただし、回復は通常、症状の発症から2週間から6か月で始まります。ベル麻痺のほとんどの人は、完全な顔面筋の強さと表情を回復します。

ベル麻痺の原因は何ですか?:ベル麻痺の原因は不明です。顔の動きを制御する神経に対する体の免疫系によって引き起こされる炎症が原因である可能性があると考えられています。ベル麻痺は時々以下に関連しています:糖尿病、高血圧、怪我、毒素、ギランバレー症候群、サルコイドーシス、重症筋無力症、多発性硬化症、感染症、特に単純ヘルペスウイルスによるウイルス感染後

ベル麻痺の症状は何ですか?これらはベル麻痺の最も一般的な症状です:

  • 笑顔、まばたき、閉瞼などの表情を制御する筋の無秩序な動き
  • 顔の感覚の喪失
  • 頭痛
  • よだれ
  • 舌の前部3分の2の味覚の喪失
  • 影響を受けた耳の音に対する過敏症(過敏症)
  • 顔の患側で目を閉じることができない

ベル麻痺の症状は、他の病気のように見える場合があります。

ベル麻痺はどのように診断されますか?:医師は診察をすることによってベル麻痺を診断することができます。ベル麻痺の診断に使用される特定の検査はありません。ただし、医師は、同様の症状を引き起こす可能性のある他の状態を除外し、神経の関与または損傷の程度を判断するための検査を指示する場合があります。筋電図検査(EMG)。糖尿病などの血液検査。MRIまたはCT。ベル麻痺に似た症状を引き起こす可能性のある脳卒中や腫瘍の存在を除外することが重要です。

ベル麻痺はどのように治療されますか?

感染症など、ベル麻痺の特定の原因が特定された場合、その原因が治療されます。それ以外の場合、症状は必要に応じて治療されます。ベル麻痺に対して一律に推奨される治療法の1つは、夜間またはコンピューターでの作業中に目を乾燥から保護することです。アイケアには、日中の点眼薬、就寝時の軟膏、または夜間の水分チャンバーが含まれる場合があります。これは、ベル麻痺の管理に不可欠な角膜の傷から保護するのに役立ちます。

医師はあなたの症状の重症度とあなたの病歴に基づいてあなたの状態のための他の治療法を処方します。その他の治療オプションは次のとおりです。ステロイド、抗ウイルス薬、鎮痛剤または湿熱、顔面神経を刺激する理学療法。代替療法には、リラクゼーション、鍼、電気刺激、バイオフィードバックトレーニング、ビタミン療法がありますが、回復を早める証拠はありません。

ベル麻痺の合併症は何ですか?:ベル麻痺は通常、一定の期間内に解消し、長期的な合併症を引き起こしません。しかし、病気の間、ベル麻痺のほとんどの人は、顔の患側で目を閉じることができません。したがって、夜間やコンピューターでの作業中に目を乾燥から保護することが重要です。アイケアには、日中の点眼薬、就寝時の軟膏、または夜間の水分チャンバーが含まれる場合があります。これは、角膜を傷から保護するのに役立ちます。

ベル麻痺と一緒に暮らす:ベル麻痺は通常、一定期間内に解消し、長期的な合併症を引き起こしません。ただし、指示通りに薬を服用することが重要です。影響を受けた目を乾燥から保護することも重要です。日中の点眼薬と就寝時の軟膏の使用は、角膜を傷から保護することができます。

いつ医師に電話すればよいですか?:ベル麻痺は通常2週間で改善し始めますが、正常に戻るまでに3〜6か月かかる場合があります。改善が見られない場合、または症状が悪化した場合は、医師に伝えることが重要です。

ベル麻痺の要点

  • ベル麻痺は、顔面の筋肉の衰弱または麻痺の原因不明のエピソードであり、通常は自然に解消し、それ以上の合併症を引き起こしません。
  • ベル麻痺の原因は不明ですが、体の免疫系に影響を与える炎症が原因と考えられています。それは糖尿病などの他の状態に関連しています。
  • 顔面の衰弱または麻痺の症状は最初の数日で悪化し、約2週間で改善し始めます。
  • 完全に解決するには、3〜6か月かかる場合があります。
  • ベル麻痺の治療には、薬と目のケアが重要です。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。