社会・経済

[No.1340] 眼科医間のメディケア償還における性差は、時間の経過を超えて持続します。

清澤のコメント:米国の男女の眼科開業医が受け取ったメディケアからの支払いでは、男性医師の方が受け取る医療費が2倍近く多かったという興味深い報告です。手術を行う医師の比率が男女で異なっているのでしょうか?
   ーーーーーーーー
Ophthamology 129巻9号P1056-1063、2022 年 9 月 1 日
眼科医間のメディケア償還における性差は、時間の経過とともに持続します

公開日: 2022 年 5 月 16 日 DOI: https://doi.org/10.1016/j.ophtha.2022.05.006

目的:2013 年から 2019 年までの男性と女性の眼科医のメディケア償還の違いを評価すること。

デザイン:後ろ向きコホート研究。

参加者:2013 年から 2019 年の間にメディケアの払い戻しを受けた眼科医。

メソッド:Centers for Medicare and Medicaid Services Physician and Other Supplier Public Use File を使用して、2013 年から 2019 年の間に眼科医が提出した合計償還額とサービス数を決定しました。サービスごとのメディケア償還額の地理的な違いを考慮して、償還額を標準化しました。アメリカン コミュニティ調査 (ACS) のデータを使用して、各医師の診療所の郵便番号による社会経済的特性 (失業、貧困、収入、および教育) を決定しました。多変量線形回帰モデルを使用して、性別、暦年、経験年数、サービスの総数、ACS 郵便番号データ、および手続きサービスの割合による年間償還の違いを評価しました。

主な結果の測定:メディケアの年次償還と請求コードの使用 (例: 外来診察と眼科検査、診断検査、レーザー治療、および手術)。

結果:2013 年から 2019 年の間にメディケアの払い戻しを受けた 20,281 人の眼科医のうち、15,451 人 (76%) が男性でした。提出された最も一般的な請求コードは、外来受診と眼科検査 (1,380 万件/年)、網膜の画像診断 (560 万件/年)、硝子体内注射 (290 万件/年)、人工レンズの挿入による白内障手術(240 万回/年)でした。 男性と比較して、女性の眼科医は年間の償還額の中央値は少なかった(中央値、女性の場合、94 734.21 ドル [四分位範囲(IQR)、30 944.52 ~ 195 701.70 ドル]、男性の場合は 194 176.90 ドル [IQR、76 380.76 ~ 355 790.80 ドル]; P< 0.001)。より少ない年間中央値サービスに対して請求されます (中央値、女性1228 [IQR、454–2433] 対 男性2259 [IQR、996–4075]; P < 0.001)。共変量の調整後、女性の眼科医は男性よりも 1015件 少ないサービスに対して診療費を請求し (95% 信頼区間 [CI]、1001–1029; P < 0.001)、男性よりも 20 209.12 ドル少ない払い戻しを受けました (95% CI、–21 717.57 ドルから – 18 700.66 ドル)。 ; P < 0.001)。

結論:女性の眼科医は、全時間の経過を通じて、請求コードのすべてのカテゴリで、男性よりも少ないサービスに対して請求し、メディケアからの払い戻しが少なくなりました。格差は、医師と診療所の特性を調整した後も持続しました。

清澤注:メディケアとは(ウィキペディアから)

メディケアは、1965 年に社会保障庁(SSA)の下で開始された米国政府の国民健康保険プログラムで、現在はメディケアおよびメディケイド サービス センター(CMS) によって管理されています。主に 65 歳以上のアメリカ人に健康保険を提供しますが、末期腎疾患や筋萎縮性側索硬化症(ALS )を患う人々を含む、SSA によって決定された一部の障害者にも健康保険を提供しています。

2019 年の Medicare Trustees Report によると、2018 年に Medicare は 5,990 万人を超える個人 (65 歳以上の 5,200 万人以上と約 800 万人の若者) に健康保険を提供しました。政府の MedPAC グループによるメディケア管理委員会の年次レポートと調査によると、メディケアは登録者の医療費の約半分をカバーしています。加入者はほとんどの場合、追加の民間保険に加入したり、公的パート C またはパート D メディケア健康保険に加入したりすることで、残りの費用のほとんどを賄っています。 2020 年、メディケアに対する米国連邦政府の支出は 7,762 億ドルでした。

受益者がこれら 2 つのオプションのどちらを選択しても、または何もしないことを選択した場合でも、受益者には他の医療関連の費用もかかります。これらの追加費用には、免責額と自己負担額が含まれる場合があります。カバーされていないサービスの費用 – 長期の保管、歯科、聴覚、眼科のケアなど。毎年の身体検査の費用(身体検査を含むパート C の健康計画に加入していない人向け)。基本的なメディケアの生涯およびインシデントごとの制限に関連する費用。メディケアは、特定の給与税、受益者の保険料、受益者からの付加、自己負担金と免責額、および一般的な米国財務省の歳入の組み合わせによって資金提供されます。ーーーー

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。