糖尿病網膜症・加齢黄斑変性

[No.546] 急性帯状潜在性網膜外層症(acute zonal occult outer retinopathy:AZOOR)とは

清澤のコメント;急性帯状潜在性網膜外層症(acute zonal occult outer retinopathy:AZOOR)は,1990 年代に Gass が提唱した疾患概念である.主に若年女性に,光視症を伴った急激な視力低下や視野欠損で発症し,網膜の外層に主病巣が存在する.しかしながら,眼底写真や蛍光眼底造影はほぼ正常な所見を示すことから,視神経疾患や頭蓋内疾患との鑑別が重要な網膜疾患とされてきた。日本でもそのガイドラインが策定されています。(図はそこから引用)https://www.nichigan.or.jp/Portals/0/resources/member/guideline/azoor.pdf

今回、Albert and Jakobiec’s Principles and Practice of Ophthalmology pp 4089-4102|に Acute Zonal Occult Outer Retinopathy (AZOOR)の章が公開されました。その中に小川を筆頭著者とする私たちの症例報告が引用してもらえました。

  • Henry Lin, Natasha Kesav, Alexander J. Kaplan, H. Nida SenEmail author First Online: 

Abstract: 急性帯状潜在性網膜症(AZOOR)は、急性発症の外側網膜変性症を指し、通常はセクター分布で現れ、乳頭周囲領域が関与することがよくあります。 患者は古典的に、光視症と暗点の突然の発生、最小限の初期眼底変化、ならびに対応する網膜電図および周辺測定の異常を示します。 光コヒーレンストモグラフィー、眼底自己蛍光イメージング、およびインドシアニングリーン血管造影を含むマルチモーダルイメージングは、AZOOR病変のいくつかの明確な特徴を明らかにしました。これは、網膜外層、網膜色素上皮、および脈絡膜の連続的な萎縮によって特徴づけられ、後期疾患で明確に区別されます。 ただし、根本的な病因は不明であり、臨床経過はさまざまです。 この章では、AZOORの臨床的および診断的特徴と、免疫調節療法の潜在的な役割に重点を置いて、現在の文献を要約します。

Keywords; AZOOR Acute zonal occult outer retinopathy Multimodal imaging 

この章で引用された私たちの症例報告は次の通り。

◎ Case of acute zonal occult outer retinopathy resembling retrobulbar optic neuropathy

    関連記事

    コメント

    この記事へのコメントはありません。