ドライアイ

[No.1007] 表在性点状角膜炎 SPK Superficial punctate keratitis,

表在性点状角膜炎 SPK Superficial punctate keratitis, (以前、瀰漫性表層角膜炎と呼称したものと同じものです)

清澤のコメント:コンタクトレンズの装用者でもないご婦人が夕方になるとかすむといって受診しました。一見正常でしたが、話を聞いてみると角膜に傷があると診断されたことがあるといいます。レーシックの既往はなし。フルオレセインで染色してみましたら涙液層破壊時間はやや短縮しており、両眼角膜の下半分にSPKが散在していました。表在性点状角膜炎の説明をフィラデルフィアにあるWills Eye Hospitalの先生がMSDマニュアルで解説していました。

  ―――解説記事の引用――――

By Melvin I. Roat , MD, FACS, Sidney Kimmel Medical College at Thomas Jefferson University

最終レビュー/改訂 Aug 2022

表在性点状角膜炎は、角膜の表面(虹彩および瞳孔の前の透明な層)上の小群の細胞群の死によって引き起こされる眼障害である。

  • 目は赤く、水っぽく、光に敏感になり、視力がやや低下することがあります。
  • 医師は、その人の症状と眼科検査の結果に基づいて、表在性点状角膜炎を診断する。
  • ほとんどの人は完全に回復します。
  • 症状はしばしば点眼剤や軟膏で緩和することができます。

 

表在性点状角膜炎の原因は、以下のいずれかであり得る:

  • ウイルス感染
  • 細菌感染(トラコーマを含む))
  • ドライアイ
  • 目にはねかけた強い化学物質
  • 紫外線(日光、日光ランプ、または溶接アーク)への暴露
  • コンタクトレンズの長期使用
  • 点眼薬に対するアレルギー
  • 眼瞼炎(まぶたの炎症)
  • ベル麻痺 (顔面神経麻痺)
  • (経口)または静脈(静脈内)によって摂取される特定の薬物の副作用

表在性点状角膜炎の症状

表在性点状角膜炎では、目は通常痛みを伴い、水っぽく、明るい光に敏感で、血まみれであり、視力はわずかにぼやけることがあります。多くの場合、燃えるような、ざらざらした感覚、または異物が目に閉じ込められているかのような感覚があります。

紫外線が障害を引き起こすと、症状は通常、曝露後数時間まで起こらず、12日間持続する。

ウイルスが障害を引き起こすと、罹患側の耳の前のリンパ節が腫れて柔らかくなることがあります。

表在性点状角膜炎の診断

  • 医師の評価

表在性点状角膜炎の診断は、症状、人が既知の原因のいずれかにさらされているかどうか、および細隙灯による角膜の検査に基づいている(医師が高倍率で眼を検査することを可能にする器具)。検査中、医師はフルオレセインと呼ばれる黄緑色の染料を含む点眼剤を適用することがあります。フルオレセインは角膜の損傷した領域を一時的に染色し、他の方法では見えない損傷領域を見ることを可能にします。

表在性点状角膜炎の治療

  • 治療は原因によって異なります

この障害を持っているほとんどすべての人が完全に回復します。

原因がウイルス(単純ヘルペス眼感染症以外)の場合または目の帯状疱疹 [ 帯状疱疹])、治療は必要なく、回復は通常3週間以内に起こる。

原因が細菌感染またはコンタクトレンズの長期使用である場合、抗生物質が使用され、コンタクトレンズの装用が一時的に中止される。

原因がドライアイの場合は軟膏や人工涙液が効果的です。人工涙液は、実際の涙をシミュレートする物質、または人の涙に加えるとより多くの水分で目を覆う物質で調製された点眼剤です。

原因が紫外線にさらされている場合、抗生物質軟膏と瞳孔を広げる点眼薬が救済を提供する可能性があります。

原因が薬物反応または点眼剤に対するアレルギーである場合、薬物または点眼剤を中止しなければならない。

 ーーーーーー

ではくれぐれもお大事に。

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。