ドライアイ

[No.339] 人間が瞬目する「EYE-ON-A-CHIP」J.SeoとD.Huh 

清澤のコメント:眼瞼痙攣にも合併することの多い「ドライアイ」に関してネット上を渉猟して居ましたら、「角膜表面を模したドーム状の構造物に角膜上皮細胞などを配置し、眼瞼に相当するワイパーや涙液供給装置を加えたチップを作った」という記事が出ていました。もう知人もいませんが、ペンシルバニア大学の眼科ともつながったグループの様でした。2019年以降の記事は見られません。原著: Seo, J., Byun, W.Y., Alisafaei, F. et al. Multiscale reverse engineering of the human ocular surface. Nat Med 25, 1310–1318 (2019). https://doi.org/10.1038/s41591-019-0531-2

人間が瞬目する「EYE-ON-A-CHIP」J.SeoとD.Huh 
ペンシルベニア大学バイオエンジニアリング学部、フィラデルフィア、PA 19104、米国
概要
この論文では、人間の目の眼の表面を再構成する、人間のまばたきアイオンチップマイクロデバイスについて説明します。 眼球表面の構造の複雑さを要約するために、角膜と結膜に由来するヒト細胞を、invivoのような空間配置でドーム型の3次元(3D)足場にマイクロパターン化しました。 さらに、このシステムは、自発的なまばたきをシミュレートするために、3D印刷によって作成された電気機械的に作動する生体模倣まぶたと統合されました。 私たちのアイオンチップアプローチは、既存の眼球モデルの重大な制限に対処する大きな可能性を秘めており、生物医学、製薬、および環境アプリケーションのための人間関連の眼の生理学および病理学をエミュレートする革新的なプラットフォームとして役立つ可能性があります。(中間部分は省略)

結論
私たちの生体模倣マイクロデバイスは、人間の目のさまざまな生理学的および病理学的状況に関与する主要な生物学的プロセスの複製、視覚化、および分析を可能にする新しいinvitro眼球モデルを開発する新しい機会を提供します。 私たちは、人間のまばたきアイオンチップシステムが、眼科および多くの関連分野の進歩に対する重大な技術的障壁に対処するための約束を提供すると信じています。 さらに、このアプローチは、新しい治療アプローチの特定と開発のための従来の動物モデルに対する費用効果が高く、より予測可能な代替案を表すヒト疾患モデルの開発を可能にする可能性があります。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。