白内障

[No.74] モノビジョンコンタクトレンズとは?:再検討してみました

清澤のコメント:私が今回引き継いだ眼科医院では、従来比較的多くのモノビジョンコンタクトレンズが処方されていることに気が付きました。(https://www.mastereyeassociates.com/monovision-contact-lensesを参考に)その効用と理由を考えてみました。労使に対する多焦点コンタクトはコントラスト感度の弱さなどの欠点を今も持ってはいますが、最近はその利用が盛んになって来ました。それがまだ一般的ではなく、遠近両方の視力が同時に欲しい時に使われる手法だったようです。

ーーーーーーーーーーー

モノビジョンコンタクトレンズは、40代の多くの人に満足のいく近方視を提供します

モノビジョンは、老眼の患者にコンタクトレンズを装着する特殊な方法です。  老眼は、40歳を過ぎると近方視力が徐々に低下します。これは、目の中の水晶体の弾力性が失われるためです。老眼の最初の兆候は、読み物、特に小さな活字を以前よりも遠くに保持する必要があることです。近視(近視)の人が遠方眼鏡を外して読むことができる場合を除いて、最終的には老眼鏡または遠近両用眼鏡で読む必要があります。いずれにせよ、コンタクトレンズが遠方視力のみを目的として矯正している場合には、コンピューター作業と読書ははるかに困難になります。

モノビジョンでは遠方と近方の両方で良い視力を獲得するため、片眼は遠方にそして他眼は近方にとして、遠近両方での視力を維持できます。 モノビジョンコンタクトレンズは両眼に遠近両用多焦点コンタクトを処方するのとは違って、利き目では遠くでより良い視力を持ち、劣位眼では近くでより鮮明な視力を持たせます。

モノビジョン技術と試験

モノビジョンコンタクトレンズの装着は、利き眼に遠方視用のコンタクトレンズを装着し、もう一方の眼に近方視用のコンタクトを装着することで構成されます。遠方に処方箋(レンズ)が必要ない場合は、近方用に1つのコンタクトレンズだけを使用することが可能です。これは奇妙な方法のように見えるかもしれませんが、実際には非常にうまく機能します。あなたが近距離および遠距離のコンタクトレンズを着用することに慣れることができる理由は、私たち全員が支配的な目(優位眼)を持っているからです。私たちの支配的な目は、主に画像に焦点を当てているものです。非利き目も同様に役立ちますが、脳は利き目から来る視覚情報にはるかに多くの注意を払います。利き手は、右利きでも左利きで有っても関係ありません。利き目は通常、カメラ、望遠鏡、照準器を通して見るために使用される目です。

支配的(ドミナントな、優位な)な目を決定する

あなたの支配的な目を決定する一つの方法は、手の穴のトリックです。

まず、手のひらを向こう側に向けて、腕を完全に伸ばして正面にまっすぐ伸ばします。

次に、人指し指と親指を合わせて、両手の間に小さな穴を作成します。

両目を開いた状態で、穴の中央にある小さな離れたオブジェクトを中央に配置させます。

次に、左目を閉じてから右目を閉じます。利き目でない目を閉じると、対象は穴の真ん中に留まります。支配的な目(優位眼)を閉じると、対象を見ることができなくなります。したがって、目を閉じてもオブジェクトが所定の位置に留まり、穴を通してそれを見ることができる場合は、利き目でそれを見ていることになります。 対象物が十分に離れていることを確認することが重要です。近すぎるものを選ぶとうまくいかない場合があります。

あなたがモノビジョンコンタクトレンズを装着しているとき、それが遠方コンタクトレンズを装着する眼であるため、医師は常にどちらの眼が優勢であるかをテストします。利き目が近レンズに適合している場合、遠方視力がぼやけすぎて、適合が成功しない可能性があります。

モノビジョンコンタクトへの適応

モノビジョンに適応するには、通常、少なくとも1〜2週間かかります。レンズを装着するにつれて、視力は改善し続けます。最初は、特に読書の際に画像の影や、時間の経過とともに改善されるわずかに奇妙な視覚に気付く可能性があります。

脳と視覚系が新しい視力矯正に適応することを学ぶにつれて、モノビジョン患者は矯正によってますます自然に感じます。患者の約70%は、特に老眼の初期において、非常によく適応し、モノビジョンで非常に自然に感じます。

モノビジョンコンタクトレンズの利点

モノビジョンの主な利点は、市場に出回っているほとんどすべてのコンタクトレンズを使用して実現できることです。高価で特別な多焦点コンタクトレンズである必要はありません。あなたがコンタクトレンズで頻繁に不快感やドライアイを経験している人なら、モノビジョンフィットはより多くの選択肢を提供します。あなたが長い間コンタクトレンズを着用していて、モノビジョンで可能である同じブランドにとどまりたいならば。コンタクトレンズで矯正しなければならない乱視がある場合は、はるかに高価で複雑で成功の可能性が低いカスタム多焦点トーリックレンズを除いて、モノビジョンが唯一の選択肢になります。

モノビジョンコンタクトレンズのデメリット

モノビジョンプロセスは「完璧な」視力を提供することは決してないかもしれませんが、ほとんどの人にとって、それは毎日を通して機能的な視力を可能にする許容できるほぼ正常な視力を提供します。モノビジョンは夜間にグレアやハローを引き起こす可能性があり、奥行き知覚を低下させるため、完全な視力または完全な奥行き知覚を必要とする人は適切な候補ではない可能性があります。主に遠方視力で機能する人(例えば、プロのトラック運転手)は、モノビジョンを正当化するのに十分な利益を得ることができません。

人が年をとり、遠近両用の光学処方が強くなるにつれて、両眼の視差が大きくなるため、人がモノビジョンに適応することがより困難になる可能性もあります。

あなたがモノビジョンコンタクトレンズのフィットで成功しているなら、あなたはレーシック手術でもモノビジョンの良い候補になるでしょう!あなたがこれまでに手順を持っていることを考えたことがあり、あなたが老眼を持っているならば、あなたは遠距離と近くを見るためにモノビジョンレーシックを受けなければならないでしょう。モノビジョンレーシックを受ける前には、モノビジョンコンタクトを試す必要が常にあります。

多焦点コンタクトは単焦点コンタクトの代替品であり、成功すると、多焦点コンタクトレンズは遠方視力と近方視力の両方でより良い視力を提供します

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。