神経眼科

[No.855] 眼筋無力症に対する眼瞼検査(Cogan lid twitch他)紹介

清澤のコメント:重症筋無力症眼筋型の診断に使われる臨床的テストを比較しています。対象にしたのは以下の3種のテストです。

・Lid fatigability test (LFT):まぶた疲労試験では患者に長時間上向きの固視を維持し、まぶたの位置を保持するように依頼します。患者の眼瞼は、1分後に眼瞼下垂のかなりの増加を示しましす.  

Cogan lid twich test (CLT):患者は、まっすぐ前、上、下、そして再びまっすぐ前を見るように指示されます。この動きの直後に上まぶたを慎重に評価し、上まぶたの短い上向きのけいれんの存在を調べます。これは、CLT テストが陽性であることを示します。(末尾の動画)

強制眼瞼閉鎖試験forced eyelids closure test (FECT)):FECT を実行するためには、患者はまぶたを 5 ~ 10 秒間強く閉じてからすばやく開いて、最初の位置で固定するように求められます。まぶたの動きの過剰な上方へのオーバーシュートは、正の FECT を示します。

・私(清澤)はアイスパックで眼周囲を冷やして、下垂が軽減するかどうかを見るアイスパックテストが好きです。

   ーーーー抄録の採録ーーーーー

眼の重症筋無力症に対する眼瞼検査の観察者間および観察者内信頼性;

Interobserver and Intra-Observer Reliability of Eyelid Tests for Ocular Myasthenia Gravis

Jienmaneechotchai, Thanchat MD; ほか

Journal of Neuro-Ophthalmology: 2022 年 6 月 – 第 42 巻 – 第 2 号 – p 230-233  DOI: 10.1097/WNO.0000000000001425

概要

バックグラウンド: 

眼瞼疲労試験 (LFT)、コーガン眼瞼痙攣 (CLT)、および強制眼瞼閉鎖試験 (FECT)(Lid fatigability test (LFT), Cogan lid twitch (CLT), and forced eyelids closure test (FECT)) は、重症眼筋無力症 (OMG) の簡単な臨床スクリーニング試験です。ただし、これらのテストは主観的に解釈されます。したがって、各テストの観察者間および観察者内の信頼性を評価しました。

方法

3つのまぶたのテストは、OMGなどを含むさまざまな状態に関連する眼瞼下垂患者で実施されました。すべてのテストのビデオ クリップは、カメラ内蔵のスマートフォンを使用して次の順序で記録されました。LFT、CLT、および FECT(眼瞼疲労試験 (LFT)、コーガン眼瞼痙攣 (CLT)、および強制眼瞼閉鎖試験 (FECT))。すべてのビデオ クリップは、3 人の神経眼科医と 3 人の一般眼科医に配布され、単一の標準的な指示を使用してテストを評価するように訓練されました。3 か月後、すべてのビデオ クリップが 2 回目の評価のために再編成されました。観察者間および観察者内の信頼性は、Cohens のカッパ係数と Fleiss Kappa 統計を使用して計算されました。

結果: 

OMG、挙筋裂開、部分眼球運動神経麻痺、およびホーナー症候群の診断を含む35人の患者で3回のまぶた検査が実施され、記録されました。CLTは、神経眼科医グループで中程度から実質的な観察者間信頼性を受け取りました(1回目と2回目の評価でそれぞれFleiss Kappa 0.77 [95% CI 0.60–0.94]0.66 [95% CI 0.46–0.85])が、結果は一般的にさまざまでした眼科医グループ (1 回目と 2 回目の評価でそれぞれ Fleiss Kappa 0.58 [95% CI 0.37–0.79] 0.54 [95% CI 0.33–0.76])FECT LFT は、両方のグループで観察者間の信頼性が低くなりました。CLT はまた、神経眼科医グループ (Cohen Kappa 0.550.58、および 0.92) で中程度からほぼ完全な観察者内信頼性を受け取りましたが、FECT および LFT はより低い観察者内信頼性を受け取りました。

結論コーガン眼瞼痙攣CLT3つのまぶた検査の中で最も信頼できる検査です。ただし、すべての検査は、一般の眼科医が慎重に解釈する必要があります。

  ーーーーー

関連動画:

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。