神経眼科

[No.1321] ベル麻痺 顔面神経麻痺

ベル麻痺(時に片側顔面けいれん様のスパスムに発展する)

ベル麻痺で角膜に軽い傷を示す患者さんを診ました。ドライアイを緩和させる目的でコラーゲンプラグをお勧めしました。よく見ますと、患側の上瞼が多少下垂を示して居り、頬や口周りにも微弱な攣縮があって、片側顔面けいれんの様相を兼ねていました。先ずベル麻痺(特発性で片側性の顔面神経麻痺)から説明いたします。

 

ベル麻痺の概要

ベル麻痺は、顔の片側の筋肉が突然弱くなる病気です。ほとんどの場合、筋力の減弱は一時的なもので、数週間で大幅に改善します。衰弱により、顔の半分が垂れ下がっているように見えます。笑顔は一方的で、影響を受けた側の目は閉じるのに抵抗します。

ベル麻痺は、原因不明の急性末梢性顔面神経麻痺としても知られています。それはあらゆる年齢で発生する可能性があります。正確な原因は不明です。専門家は、顔の片側の筋肉を制御する神経の腫れと炎症が原因であると考えています. ウイルス感染後に起こる反応によって引き起こされる可能性があります。

通常、症状は数週間以内に改善し始め、約 6 か月で完全に回復します。少数の人々は、一生ベル麻痺の症状を持ち続けます. まれに、ベル麻痺が複数回発生します。

症状

ベル麻痺の徴候と症状が突然現れ、次のようなものがあります。

  • 数時間から数日以内に、顔面の片側に軽度の筋力低下から完全な麻痺が急速に現れる
  • 顔のたるみと、目を閉じたり笑ったりするなどの表情を作るのが難しい
  • よだれ
  • あごの周り、または患側の耳の中または後ろの痛み
  • 影響を受けた側の音に対する感度の向上
  • 頭痛
  • 味覚の喪失
  • 涙と唾液の量の変化

まれに、ベル麻痺が顔の両側の神経に影響を及ぼすことがあります。

医師の診察を受ける時期

脳卒中の可能性があるため、何らかの麻痺が見られた場合は、すぐに医療機関を受診してください。ベル麻痺は脳卒中によるものではありませんが、同様の症状を引き起こす可能性があります。

顔面の衰弱または垂れ下がりがある場合は、病気の根本的な原因と重症度を調べるために、顔面の衰弱または垂れ下がりがある場合は、医療提供者に相談してください。

原因

ベル麻痺が発生する正確な理由は明らかではありませんが、多くの場合、ウイルス感染に関連しています。ベル麻痺に関連付けられているウイルスには、次の原因となるウイルスが含まれます。

  • 口唇ヘルペスおよび性器ヘルペス(単純ヘルペス)
  • 水ぼうそう・帯状疱疹(帯状疱疹)
  • 伝染性単核症(エプスタイン-バール)
  • サイトメガロウイルス感染症
  • 呼吸器疾患(アデノウイルス)
  • 風疹
  • ムンプス(ムンプスウイルス)
  • インフルエンザ(B型インフルエンザ)
  • 手足口病(コクサッキーウイルス)

顔の筋肉を制御する神経は、顔に向かう途中で骨の狭い通路を通ります。ベル麻痺では、その神経が炎症を起こし、腫れます。これは通常、ウイルス感染に関連しています。顔面の筋肉に加えて、神経は涙、唾液、味覚、および耳の中央にある小さな骨に影響を与えます。

危険因子

ベル麻痺は、次のような人に多く発生します。

  • 妊娠中、特に妊娠後期、または出産後 1 週間目
  • インフルエンザや風邪などの上気道感染症がある
  • 糖尿病を患っている
  • 高血圧がある
  • 肥満している

ベル麻痺の再発発作はまれです。しかし、再発する場合は、再発性発作の家族歴があることがよくあります。これは、ベル麻痺があなたの遺伝子と関係があるかもしれないことを示唆しています.

合併症

軽症のベル麻痺は通常、1 か月以内に消失します。顔が完全に麻痺したより深刻なケースからの回復はさまざまです。合併症には次のものがあります。

  • 顔面神経への不可逆的な損傷。
  • 神経線維の不規則な再生。これにより、他の筋肉を動かそうとすると、特定の筋肉が不随意に収縮することがあります (シンキネシス)。たとえば、笑うと、患側の目が閉じることがあります。(神経眼科医は、この過剰なスパスムを抑えるのにボトックス注射を使う事があります。)
  • 目が閉じない部分的または完全な失明。これは、目の透明な保護カバー(角膜)の過度の乾燥と引っ掻き傷によって引き起こされます。
  • ◎参考ページ(メイヨ―クリニック)https://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/bells-palsy/symptoms-causes/syc-20370028

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。