全身病と眼

[No.1052] ハイレ―教授の訃報が報じられました。

清澤のコメント:北里大学の石川哲教授(注1、本年没)に連れられて、1981年に初めてカナダの国際瞳孔学会に行った。途中でスタンレートンプソン教授の居たアイオワ大学を訪ねて、初めての英語での症例検討をさせていただいた。イソニアジッド視神経症の症例であったが、考察した低下すべきビタミンBの血中濃度が測ってなかった。(注2) 其処を突く質問に対して、症例報告ではそこが欠けていても良いのだと庇って下さったのがこのハイレ―教授だった。(In 1973, Hayreh was invited to join the University of Iowa’s Department of Ophthalmology, )ターバンを巻いた姿が懐かしい。中心動脈閉塞症の成因などの説が彼の業績。後に京都大学の神経内科教授になられた木村教授など多くの先生方との知己も得られた古い記憶の一片。

訃報
Sohan Singh Hayreh MD、PhD、FRCS が 94 歳で逝去
Sohan Singh Hayreh, MD, PhD, FRCS, アイオワ大学カーバー医科大学の眼血管クリニックおよび眼血管研究の元ディレクターは、94 歳で 9 月 29 日に亡くなりました。パンジャブ大学で医学教育を受けた後、 Hayreh は、インド陸軍医療隊の医務官でした。彼はロンドン大学で博士号を取得し、アイオワ大学に移る前はエジンバラ大学で講師および眼科医のコンサルタントを務めていました。 2003 年には、眼科および視覚科学の臨床実践への学術的貢献が認められ、視覚および眼科研究協会のミルドレッド ワイゼンフェルド賞を受賞しました。アカデミーの元会長であり、アイオワ大学カーバー医科大学の眼科部長である Keith D. Carter, MD, FACS は、次のように述べています。眼の血管循環の理解に対する彼の貢献は画期的なものでした。彼は、規範を受け入れるのではなく、真実を探すよう私たちに挑戦しました。私たちは皆、彼、私たちの職業、部門、そして私自身を恋しく思うでしょう。彼は唯一無二の存在だった。」

   ーーーーーー

注1:

石川哲先生の訃報をいただきました。

注2:

イソニアジド誘発性視神経症の1例

67-70ページ | 1981 年 4 月 9 日受理、2009 年 7 月 8 日オンライン公開
概要

イソニアジドとリファンピンの併用治療により誘発された視神経障害の症例が報告されています。患者は肺の結核性膿瘍を有する61歳の女性でした。彼女はイソニアジド (8.5–20 mg/kg/日、総投与量約 120 g) とリファンピン (15 mg/kg/日、総投与量約 81 g) で約 6 か月間治療されました。この期間の終わりに、グルタミン酸オキサル酢酸トランスアミナーゼおよびグルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼのレベルの上昇が、末梢感覚神経障害とともに見られました。リファンピン中止。2 か月後、視神経症も発症しました。両側視力低下、中心暗点、色覚異常が認められた。イソニアジドは中止され、ピリドキシン (ビタミン B) による治療が開始されました。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。