コンタクトレンズ・眼鏡処方

[No.85] 単焦点眼内レンズを備えた眼の拡張焦点深度コンタクトレンズおよびシングルビジョンコンタクトレンズ:論文紹介です

清澤のコメント:通常の単焦点眼内レンズを両眼に移植した(調節力の無い)目に対して最近注目されているイードフレンズ(シード社)の優劣を論じた論文です。「イードフ CLは、IOL移植眼の近距離から中距離での視力を大幅に改善した。ただし、低コントラスト条件下では遠方視力が低下し、中〜高空間周波数ではコントラスト感度がわずかに低下した。」との結論です。

ーーーアブストラクトーーー

単焦点眼内レンズを備えた眼の拡張焦点深度(イードフ)コンタクトレンズおよびシングルビジョンコンタクトレンズ
平岡隆弘ほか
Japanese Journal of Ophthalmology volume 65、pages803–809(2021)

概要
目的
単焦点眼内レンズ(IOL)の移植を受けた眼の拡張焦点深度(EDF イードフ)コンタクトレンズ(CL)の視覚性能を評価し、EDFとシングルビジョン(SV)コンタクトレンズの視覚性能を比較します。

研究デザイン
前向き無作為化クロスオーバー試験

メソッド
単焦点IOLを移植された17人の患者が登録されました。この研究は、1dayPure EDOFをテストCLとして使用し、1dayPureモイスチャー(両方ともSEED Co.、Ltd。)をコントロールCLとして使用して実施されました。遠距離から近距離までの両眼視力、明所視および薄明視のコントラスト感度(グレアありとなし)、および立体視は、2種類のCLをランダムな順序で装着した後に評価されました。得られた結果をEDFとSVCLの間で比較した。

結果
0.3、0.4、0.7、1、および5 mでの両眼視力は、EDF CL摩耗中、それぞれ0.24±0.12、0.07±0.09、-0.02±0.08、-0.02±0.08、および-0.06±0.07logMARでした。 SV CL装用中は、それぞれ±0.17、0.26±0.15、0.04±0.12、-0.02±0.08、および-0.09±0.09。 EDF CLは、0.3、0.4、および0.7mでSVCLよりも優れた結果を示しました(p <0.05)。すべての条件下で、1度あたり1.5サイクルでEDFとSVCLのコントラスト感度に有意差はありませんでした。ただし、EDF CLの感度は、中空間周波数から高空間周波数まで、SVCLの感度よりも一般的に劣っていました。 40 cmでの立体視は、SVCL装用よりもEDFCL装用の方が有意に優れていました(p <0.05)。

結論
EDF CLは、IOLを移植した眼の近距離から中距離での視力を大幅に改善しました。ただし、低コントラスト条件下では遠方視力が低下し、中〜高空間周波数ではコントラスト感度がわずかに低下しました。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。