小児の眼科疾患

[No.385] 日本の乳児硬膜下血腫多施設後向き研究:新論文紹介です

清澤のコメント:藤原一枝先生が小児の急性硬膜下出血における乳児虐待と偶発的な事故の割合を論じた新しい論文を教えてくださいました。生後5か月未満の患者3.86、網膜出血8.63、および痙攣2.49が偶発的でない傷害の重大な危険因子であることが示されました。網膜出血は特に大きなオッズ比で、虐待のケースに多いのですが、急性硬膜下出血の過半数(107/158)は事故によるものでした。「網膜出血を伴う急性硬膜下出血だから乳児虐待と安易に判断してはいけない」という藤原先生の意見を裏付ける物でした。イントロ部分をつけて抄録を訳出します。なお、掲載されたPLOS One誌は、実験とデータ分析が厳密に行われたかどうかを検証するだけであり、討論とコメントを通じて、重要性を確認し、公開後に科学界に任せるという考え方の雑誌です。インパクトファクターが高いだけでなく、今や十分な権威もある雑誌です。

生後5か月未満の患者、網膜出血、および発作(痙攣)が偶発的でない傷害の重大な危険因子であることが示されました(それぞれオッズ比(OR)3.86、p = 0.0011; OR 7.63、p <0.001; OR 2.49、p = 0.03) 。

  ーーーーーーー

日本の乳児硬膜下血腫:J-HITs(日本の乳幼児の頭部外傷研究)グループによる多施設後向き研究
Infantile subdural hematoma in Japan: A multicenter, retrospective study by the J-HITs (Japanese head injury of infants and toddlers study) group 

阿久津信行他、(兵庫県立こども病院脳外科、関西医科大学脳神経外科、宮城県仙台市立病院脳神経外科、愛知県小児保健医療センター脳神経外科、大阪府高槻総合病院小児脳神経外科、奈良県立医科大学脳神経外科の共同研究)
概要
目的
乳幼児の硬膜下血腫は虐待と関連していることがよくありますが、実際に発生した症例の数と虐待の疑いのある症例の数は明らかではありません。この研究の目的は、日本の乳幼児の硬膜下血腫を調査することでした。
メソッド
この多施設の遡及的研究では、頭蓋骨骨折や頭蓋内損傷などの頭部コンピュータ断層撮影(CT)および/または磁気共鳴画像法(MRI)で所見が認められた、頭部外傷のある4歳未満の小児の臨床記録をレビューしました。 合計452人の子供が含まれていました。虐待の疑いのあるグループは非偶発的として分類され、事故によって引き起こされたと考えられるグループは偶発的として分類されました。硬膜下血腫およびその他の要因を多変量解析で調べて、どの要因が偶発的でない傷害のリスクを高めるかを特定しました。
結果
452人の患者のうち、158人が硬膜下血腫と診断されました。硬膜下血腫は、乳幼児の頭部外傷で最も一般的な頭蓋内所見でした。合計51人の患者が非偶発的グループに分類され、107人の患者が偶発的グループに分類されました。硬膜下血腫の患者の年齢は二峰性のパターンを示した。硬膜下血腫の偶発的グループの平均年齢は、非偶発的グループの平均年齢よりも有意に高かった(それぞれ10.2ヶ月対5.9ヶ月。p<0.001)。多変量解析では、生後5か月未満の患者、網膜出血、および発作(痙攣)が偶発的でない傷害の重大な危険因子であることが示されました(それぞれオッズ比(OR)3.86、p = 0.0011; OR 7.63、p <0.001; OR 2.49、p = 0.03) 。一方、硬膜下血腫のオッズ比は1.96であり、有意差は認められなかった(p = 0.34)。
結論
少なくとも日本人の子供では、乳児の硬膜下血腫は、偶発的でないだけでなく、偶発的な傷害でも頻繁に観察されました。頭部外傷のある乳児では、虐待されたかどうかを判断する際に、年齢、網膜出血の存在、および発作の存在を考慮する必要があります。硬膜下血腫も虐待を検出するための強力な発見ですが、日本人などの一部の民族グループでは偶発的な症例が多いため、注意が必要です。

序章
頭部外傷は小児救急科を受診する主な原因の1つであり、神経学的画像による虐待的な頭部外傷(AHT)の診断は実際には困難です。多くの研究は、硬膜下血腫がAHTの特徴であると考えられていることを示唆しています。日本では、厚生労働省が「児童虐待への対応ガイド」を児童指導センターが一時的に監護するための基準として公表しています。 2014年の改訂では、硬膜下血腫の乳児の症例は虐待された可能性が高く、疑いを持って治療する必要があると述べています。ただし、虐待や事故に関係なく、乳幼児の頭部外傷による硬膜下血腫の実際の発生率は不明です。本研究では、頭部外傷後に画像検査を行った場合の硬膜下血腫の程度と、虐待が疑われた場合と疑われなかった場合の所見と程度を示した。

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。