糖尿病網膜症・加齢黄斑変性・網膜疾患

[No.874] アムスラーチャート(Amsler chart)を説明します

清澤のコメント:先に変視症(本文末尾からリンク)を説明しましたが、その症状をもっとも簡単で的確に検出するのがこのアムスラー格子です。おかしいと思う場合にはこの画面を印刷して目の前に保持してその歪みを記入したうえで、眼科医にご相談ください。この記事は、私も昔、フィラデルフィアで毎週師匠に付いて見学していたペンシルバニア大学シェイ研究所(ペンシルバニア大の眼科をシェイ研究所と言います)のドナイエフ医師の書いた説明をほぼそのまま翻訳したものです。

  ーーーーーーーーーー

アムスラー グリッドの使用方法

Joshua Dunaief、MD、PhD

ペンシルベニア大学シャイエ眼科研究所

公開日: 2021 年 7 月 6 日

アムスラー グリッドは、網膜疾患の初期兆候を検出し、診断後の視力の変化を監視するのに役立ちます。

乾燥性加齢黄斑変性症 (AMD) がある場合は、アムスラー グリッドで視力を監視することが重要です。グリッドは、ドライ型 AMD からウェット型への進行を早期の治療可能な段階で検出するのに役立ちます。

グリッドは、中央に小さな点がある方眼紙のように見えます。老眼鏡をつけた状態で、ほとんどの線に焦点を合わせることができる距離でグリッドを保持します。おそらく本を読む距離と同じくらいでしょう。片目を覆うか閉じて、一度に片目だけを検査するようにします。これは重要; 両目を開けて使用すると、濡れたAMDの目を良い目で補うことができ、異常に気付くことはありません.

AMD で濡れていない目は、通常、すべての線がまっすぐに見えます。対照的に、滲出性 AMD の眼は、線の一部が湾曲していたり​​、灰色、白、または黒の領域によって遮られているように見えることがよくあります。これは、網膜内または網膜下に液体がたまり、水ぶくれができて(清澤注:それならOCTで検査します)、直線が曲がって見えることが原因です。液体が網膜の機能を妨げて、視野の中心またはその近くに灰色、白、黒、または赤の「盲点」が生じることがあります。

幸いなことに、網膜内の新しい漏出血管によって引き起こされる体液は、ブロルシズマブ (Beovu®)、アフリベルセプト (Eylea®)、ラニビズマブ (Lucentis®)、またはベバシズマブ (Avastin®) による(硝子体注射)治療によってしばしば吸収される可能性があります。 .. これらの薬は、必要に応じて月に 1 回、小さな針から眼に注射されます。

ビデオ: アムスラー グリッド



ビデオのトランスクリプトを表示する

滲出型 AMD の眼が数か月以上治療を受けないと、網膜に瘢痕ができ始める可能性があります。この瘢痕は、視野の一部で不可逆的な視力喪失につながる可能性があるため、グリッドを使用して少なくとも週に 1 回自宅で視力を監視し、変化に気付いた場合は網膜専門医に連絡することをお勧めします。

変化とは何ですか?眼科医が滲出型 AMD ではないと言った場合は、検査の直後にグリッドを見てください。それがあなたのベースラインです。AMDの網膜の下に形成される大きな「ドルーゼン」、半固体沈着物のために、いくつかの場所で線が少しうねっている場合があります. その後、後でもう一度チェックして、うねりの領域が増えたり、新しい領域が現れたり、新しい「盲点」があると思われる場合は、網膜専門医に連絡してください。

グリッドがなくても、眼科医に連絡する必要がある視力の変化に気付く場合があります。

  • 読むのが難しくなります。
  • 直線が曲がって見える (ドア枠など)。
  • 顔を見たり認識したりするのが難しくなります。また
  • コンピュータやテレビの画像は見にくいです。

アムスラー グリッドを印刷する

眼科医からグリッドを入手するか 、グリッドを印刷することができます。通常は白地に黒の線ですが、黒地に白の線でも構いません。週に1回チェックすることを忘れないでください。使うことを忘れないように、冷蔵庫に置いておくのが好きな人もいます。毎日見る場所の 1 つです。

グリッドは定期的な総合的な目の検査に取って代わるものではないことに注意してください。

自宅でアムスラーグリッドを使用する方法

  1. 読みやすい距離(通常、約 12 ~ 14 インチ)でチャートを持ちます。老眼鏡を普段使用している場合は、老眼鏡を着用してください。
  2. 片目を覆い、グリッドの中央にある黒い点に焦点を合わせます。
  3. もう一方の目を覆い、テストを繰り返します。線が波打っている、かすんでいる、不規則またはぼやけているように見える場合は、すぐに目の検査を予約してください。

    著者について

    dr._joshua_dunaief_new

    Joshua Dunaief、MD、PhD

    ペンシルベニア大学シャイエ眼科研究所

    関連記事

    コメント

    この記事へのコメントはありません。