ご近所の話題

[No.691] パンデミック時の研究企業の長所と短所

清澤のコメント、出版予告記事紹介です。コロナ感染拡大時に、人々は早く情報を必要としました。医学界、神経眼科分野でも多くの記事が発信されましたが、その内容は玉石混交であったので、今後は出版に関する新ルールの確立が必要という解説です。(注;出典はJ neuro-ophthalmol 予告論文;Strengths and Weaknesses of the Research Enterprise during the Pandemic​)

  ーーーーーーーー

パンデミック時の研究企画(reseach enterprize)の長所と短所
概要
パンデミックは、COVID-19の感染、罹患率、死亡率、および治療に関する時間に敏感な質問の急増を引き起こしました。ここでは、出版物の量、著者とコラボレーション、ピアレビュープロセス、およびCOVID-19について書かれた論文のアクセシビリティ、影響、品質のレビューに基づいて、これらの質問に対する研究企画の回答の長所と短所を振り返ります。神経学全般、特に神経眼科に関するCOVID-19の論文に関する計量書誌学的データは不足しています。私はすべての分野のCOVID-19の論文に幅広く取り組んでいますが、可能な場合は神経学と眼科に関する論文に焦点を当てた解説を提供します。
——

世界の注目がCOVID-19によって最初に捉えられたとき、臨床医、政策立案者、および社会は無数の質問と答えの緊急の必要性を持っていました。ペースの速い研究には、次のような感染、罹患率、死亡率を減らすことに関して、時間に敏感な要求がありました。これは診断、治療、および予後を改善します。また公共政策/健康対策を決定します。さらに、結果の迅速な普及は、他の研究のサポートを提供し、努力の重複を減らすことができます。しかし、適時性の重要性は、誤報の伝達、科学界と公的コミュニティの両方の混乱、および不信をもたらす公共政策/健康対策への根拠のない変更を回避するために、公表プロセスの正確性、客観性、および完全性に取って代わられる必要がありました。理想的には、新たな危機の状況において、国際的な科学界は、ビッグデータに基づいた論文を目指し、透明性のある方法論、迅速な配布、幅広い可用性を備え、再現性と再現性を簡単に評価するためのオープンデータの処理と分析の機会を提供する必要があります。 また、多数の視点を提供し、偏見を最小限に抑え、不正確さを防ぐために、多数の多様な著者とレビューアのプールを持つことも有益です。ここでは、パンデミック時の研究企画(enterprise)の長所と短所を、出版物の量、著者とコラボレーション、査読、アクセシビリティ、影響、品質に関連して振り返ります。神経学全般、特に神経眼科に関するCOVID-19の論文に関する計量書誌学的データが不足しているため、私はすべての分野のCOVID-19論文に幅広く取り組んでいますが、可能な場合は神経学と眼科に関する論文に焦点を当てた解説を提供します。

1)報告の質に対するパンデミックの影響、受け入れられた14の普及、品質管理、公平性、ピアレビュー、ジャーナル間の編集ワークフロー出版社、資金提供者、ニュースメディア、ソーシャルメディア。

2)科学的情報、誤報および偽情報の普及に対するパンデミックの影響。

3)緊急事態における科学、出版、普及およびアクセスの報告。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。