角膜疾患

[No.831] アシクロビル耐性 単純ヘルペスウイルス 1 型角膜炎: 懸念される新たな臨床的課題:論文紹介

清澤のコメント:今まではあまり考えてもみませんでしたが、抗ウイルス治療にもかかわらず再発する単純ヘルペス角膜炎患者および/または抑制抗ウイルスレジメンにあまり反応しない場合は、ACVアシクロビルに対するHSV-1耐性を疑う必要があるという内容の論文です。耐性変異は、TK (n = 1583%) または DNA pol 遺伝子 (n = 317%) で見つかったそうです。Academy Express – Asia Pacific Editionから知った話題です。

  ―――――――

アントワーヌ・ルソーほか

公開日: 2022 1 13 DOI: https://doi.org/10.1016/j.ajo.2022.01.010

目的:単純ヘルペス ウイルス 1 (HSV-1) のアシクロビル耐性 (ACV R ) 株によって引き起こされる単純ヘルペス角膜炎 (HSK) 患者の臨床的およびウイルス学的プロファイルを説明すること。

デザイン:多施設レトロスペクティブケースシリーズ。

メソッド:ACV に対する HSV-1 耐性は、HSV-1 チミジンキナーゼ (TK) および DNA ポリメラーゼ (DNA pol) をコードする遺伝子の配列決定を使用して確認されました。耐性の診断前後の HSK エピソードの数、HSK の種類を含む眼の所見、患者の免疫状態、抗ウイルス治療、および HSV-1 遺伝子型耐性プロファイルに関するデータが収集されました。

結果:この研究では、ACV R 18 人の HSK 患者 (男性 13 人、女性 5 人、年齢 66.8 ± 4.7 ) を評価しました。HSV-1陽性の眼球サンプル。適切な抗ウイルス予防(AVP)(n = 1372%)、または抑制的抗ウイルス療法に対する反応不良(n = 528%)にもかかわらず頻繁に再発するため、遺伝子型耐性検査が実施されました。耐性変異は、TK (n = 1583%) または DNA pol 遺伝子 (n = 317%) で見つかりました。耐性と診断される前の疾患の持続期間は 29.8 ± 20.4 年で、15 人の患者 (83%) 10 回を超える HSK 再発がみられました。最初のエピソードと耐性の診断の間の再発数は、免疫不全患者 (n = 633%) の方が、免疫正常患者 (n = 12; 67%) よりも有意に低かった (11.5 ± 4.9 16.4 ± 1.9P  = .05)です。

結論:AVPにもかかわらず再発したHSK患者および/または抑制抗ウイルスレジメンにあまり反応しない場合は、ACVに対するHSV-1耐性を疑う必要があります。免疫不全の患者および/または長年の病気にかかっている患者は、耐性を発症するリスクが特に高い可能性があります。

――――――――

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。