白内障

[No.693] 同時両側白内障手術とは

清澤のコメント;石原慎太郎の自伝を読んでいたら、狭隅角緑内障の発作を経験し、レーザー虹彩切開術を受けていました。そに引き続いて、同時両側白内障手術を受けたことが記されていました。全身麻酔を掛けなくては安全に白内障手術が行えないような精神疾患のある症例でなければ、現在の日本では通常は行われない手術です。手術器具が細菌で汚染されていたり、TASSと呼ばれる毒素の影響を受けたりと、両眼に取り返しのつかない事故が起きないものでもないということで、我々の世代の眼科医にそれはタブーでした。

卵は一つのカゴに盛るな Do not put eggs to one basket (投資の格言)という訳です。日本でも米国でもほとんど行われない手術のやり方なのですが、スウェーデンでは4割がすでにそれだとも言います。日本でも行うとネットで公言している人もいます。この術式の利点と欠点を復習してみましょう。実はこの手術、世界の眼科学界では特に注目を集めているようです。でももし危険に有意差が出ても結果は発表したのでしょうかね?

ーーーーーーーーーー

両眼同時白内障手術 Simultaneous Bilateral Cataract Surgery

外科療法

同時両側白内障手術

手順は、次の名前でも知られています:即時連続両側白内障手術 Immediately sequential bilateral cataract surgery

バックグラウンド

同時両側白内障手術(SBCS)は、安全かつ効果的であることが示されている研究にもかかわらず、ほとんどの先進国で依然として物議を醸しているトピックです。

多くの物議を醸す医療処置と同様に、同時両側白内障手術を行うことには明らかな長所と短所があります。

利点:

  • 外科施設および診療所への患者の訪問を最小限に抑える
  • 特に屈折異常の高い患者に見られる両眼視へのより迅速な回復
  • 患者へのコストの削減
  • 医療制度へのコストの削減

短所:

  • 両側眼内炎のリスク
  • 両側毒素性前ショック症候群(TASS)のリスク
  • 最初の目から屈折の洞察を得ることができない
  • 医師への返済額の減少(特定の医療制度における)

白内障手術の技術と技術の最近の改善により、白内障手術の合併症率が改善され、両側の同日手術のリスクさえも非常に低くなっています。これにより、より多くの外科医がこのオプションを患者に提供するようになりました。

この手順の見方には地域差があり、SBCSを受けている患者の数/割合に見ることができます。たとえば、スウェーデンでは患者の40%がSBCSを受けていますが、米国ではその数は1%未満です。

患者の選択

既知のリスクにもかかわらず、多くの医師は、手術室への到着および/または麻酔を受けるのに重大な問題を抱えている重篤な併存疾患のある患者を含む、選択された患者に対して歴史的にこの手順を実行してきました。(例、ダウン症患者)

今日、医師はこれを便利でコスト削減の手段として多くの日常的で健康な患者に提供しています。

適応症

両側白内障

禁忌

外科的合併症のリスクを生み出す要因

眼内炎またはTASSのリスクを生み出す要因

未治療の眼瞼炎および粘液嚢胞による感染のリスクの増加; 糖尿病; 全身性ステロイドを含む免疫抑制および免疫不全

白血病またはリンパ腫

ヨウ素アレルギー

内皮ジストロフィーやグッタタなどの角膜代償不全のリスクの増加

軸方向の長さが約26mmを超える高近視、軸方向の長さが約21 mm未満の高遠視、および以前のレーザー屈折矯正手術による、不正確なバイオメトリのリスクの増加

眼の外傷、レンズの亜脱臼、phacodonesisまたは偽落屑の病歴などのレンズの異常

緑内障、線維柱帯切除術および以前のブドウ膜炎を伴う高眼圧症のリスクの増加

(最初の目の手術が完全にうまくいかなかった場合、先に進まないオプションがあります。)

外科技術

この用語は、一般に、同じ訪問で連続して独立した手術として、眼内レンズの配置を伴う両側白内障摘出を行う行為に適用されます。これには、患者の目の間の再準備とドレープが含まれます。

結果

最近のアウトカム研究では、従来の連続白内障手術のアウトカムに有意差は見られませんでした。

合併症

両眼眼内炎

両眼のTASS

両側屈折サプライズ

追記;以下の論文は本当に最新の研究論文です。この手術の安全性を自分たちの経験から述べています。今後、患者サイドの利点が認識され、また保険請求での診療側の不利な点がなくなれば、世間で広がってゆくことが予測でされます。

即時連続両側白内障手術:学術教育センターの経験

チー、スーザン・ルユMDほか、著者情報、Journal of Cataract&Refractive Surgery: 2022年3月-第48巻-第3号-p 310-316 DOI:10.1097 / j.jcrs.0000000000000750


目的: 

カナダの学術教育センターでの即時連続両側白内障手術(ISBCS)の安全性と結果を評価すること。

設定: 

カナダ、ケベックシティのラヴァル大学の高等大学教育病院。

デザイン: 

後ろ向きコホート研究。

方法: 

2019年1月から2019年12月まで局所麻酔下でISBCSを受けた2003年の連続患者(4006眼)が含まれていました。すべてのチャートは遡及的にレビューされました。結果の測定には、術中および術後の合併症、術後の矯正されていない遠方視力(UCVA)およびピンホール(PHVA)の視力、および自己屈折測定が含まれていました。

結果: 

平均年齢74±8歳の1218人(60.8%)の女性患者と785人(39.2%)の男性患者からの4006眼は、平均術前視力が0.503 logMAR(Snellen 20/63)でした。平均軸方向長さは23.53±1.37mmでした。ほとんどの眼には、単焦点眼内レンズ(IOL)が埋め込まれ(n = 3738、93.3%)、続いてトーリック(n = 226、5.6%)、多焦点(n = 25、0.6%)、および多焦点トーリックIOLが(n = 17、0.4%)が埋め込まれていました。 術中合併症には、14(0.3%)の後方嚢破損があり、5(0.1%)はIOLの毛様体溝固定が必要で、7(0.2%)には部分的な毛様体小体断裂があり、3つはカプセル張力リング(0.07%)が必要でした。眼内炎または中毒性前眼部症候群TASSの症例はありませんでした。術後5週間の平均UCVAは0.223(Snellen 20/33)、PHVAは0.153(Snellen 20/28)で、平均球面相当量は-0.21ジオプターでした。

結論: 

国際両眼白内障外科医協会が推奨するガイドラインに従って実施されるISBCSは、安全な手順です。この4006眼のコホートでは、合併症はほとんどなく、手術が両側で行われたことに起因するものはありませんでした。UCVA、PHVA、および屈折の結果は良好でした。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。