白内障

[No.1138] 自由が丘 清澤眼科 今朝の話題は:2022.11.10(木曜日)

清澤のコメント:米国では中間選挙が終わり、下院は共和党勝利、上院は伯仲。昨日の自著新聞記事、朝の雑感、低眼圧緑内障の原因に迫る新研究 などなど記事は多数あります。三日分なので内容は多いです。

   ーーーーーーー

◎ サッカーW杯で注意したい「目の疲れ」 スマホ視聴は負担大:昨日の日刊ゲンダイ自著記事です。

サッカーW杯で注意したい「目の疲れ」 スマホ視聴は負担大

 

◎ [No.1135] 東陽町駅で旧南砂清澤眼科医院の宣伝ミラー発見

最近、通勤で道を歩きながら目につく風景をスマホで写真に撮ってブログに載せており、これが案外好評です。近所の絵画教室兼営の喫茶店の壁に取り付けられている怪異な人面装飾。

 

鉢植えの葡萄の葉は既に枯れて冬の接近を気づかせてくれました。

秋空にそびえる送電線、気が付けば高層の巻雲 (巻雲(けんうん)はの一種。刷毛で伸ばしたように、または繊維状の、細い雲が散らばった形の白い雲である。細い雲片一つ一つがぼやけず輪郭がはっきりしていて、のような光沢をもつのが特徴絹雲(けんうん、きぬぐも)と書かれることもある。俗称ですじ雲はね雲しらす雲とも呼ばれる。

今日は、運転免許証の書き換えに懐かしい江東区東陽町へ。駅で、私がかつて診療していた(南砂)清澤眼科医院の広告の付いた色褪せた宣伝用鏡が残っているのを見つけました。何年かすると、手土産を持って広告会社のお爺さんが契約の更新を求めて旧医院を来訪し、同じ電話番号ですが、医院名と経営者が既に変わっていることを知ることでしょう。鏡には私が写っています。

平日なのに、8時半の受付開始までに100人もの免許更新者が既に集まって列を作っていました。

私は、免許更新をしましたが、最近はなるべく運転を控えています。視力検査も無事眼鏡なしで通過できました。講習は、交通安全協会所属という高齢の方が担当。定年後に再就職した警察官の方なのでしょうか。「必要ならトイレに立って良いです」とか、ずいぶん丁寧な対応でした。20分ほどの安全運転の手引きに基づいた解説の後、秋の夕暮れは歩行者事故が多いというお話ほか。下の記事を思い出しました。後半は事故の動画を見せられました。後部座席でも忘れずにシートベルトを使いましょう。

https://hc.nikkan-gendai.com/articles/278230 が先月の日刊ゲンダイヘルスケアの記事アドレスです。

◎ 正常眼圧緑内障で、網膜アストロサイトが新たな治療候補であることが山梨大などの研究で明らかになりました。日本人では緑内障の中でも眼圧が高くない正常眼圧緑内障が多いです。眼圧以外に緑内障の発症に関連する要素の研究は長年行われてきましたが、その答えは不明で、「視神経の脆弱性」などと説明されてきました。今回の研究は、その本質に迫るもので、網膜アストロサイトの異常を問うものです。別疾患ですが、最近はアストロサイトに対する抗体が産生される視神経炎としてNMOSDも研究されており、この異常な網膜アストロサイト原因説は今後さらに注目されそうです。

正常眼圧緑内障、網膜アストロサイトが新たな治療標的候補に:記事紹介

◎ 来春はスギ花粉の飛散が多くなりそうです。ご準備ください。

来春は花粉飛散が多い見通し:

◎ あらかじめ治療の方針を患者と医師が相談しておくというACP。その是非が一部、問われています。 

踊り場に立つACP(Advance Care Planning),いま何が求められるのか

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。