白内障

[No.1170] シャルル・ボネット症候群における幻視の治療における経頭蓋直流刺激:論文紹介

清澤のコメント:視力低下に伴う幻視であるシャルル・ボネット症候群における幻視の治療における経頭蓋直流刺激の有効性が述べられています。従来は治療法のない疾患とされていましたから、本当に有効であれば、広がってゆくでしょう。シャルル ボネ症候群では、視力が低下し始めた人が、現実ではないものを見るようになります (幻覚)。幻覚は、単純なパターンの場合もあれば、出来事、人、場所の詳細な画像の場合もあります。それらは視覚的なものにすぎず、聴覚やその他の感覚は関係ありません。

   ーーーーーーーーー

Ophthalmology:129巻12P1368-13792022 12 1

シャルル・ボネット症候群における幻視の治療における経頭蓋直流刺激・無作為化プラセボ対照クロスオーバー試験:カトリーナ・ダシルバ・モーガン博士他:オープンアクセス公開日: 2022 7 8 DOI: https://doi.org/10.1016/j.ophtha.2022.06.041

目的:シャルル ボネ症候群 (CBS) における幻視の改善に対する抑制性経頭蓋直流電流刺激 (tDCS) の潜在的な治療効果と忍容性を調査すること。

デザイン:無作為化、ダブルマスク、プラセボ対照クロスオーバー試験。

参加者:再発性の幻覚を経験している眼疾患に起因する視覚障害に続発する CBS と診断された 16 人。

介入:すべての参加者は、4週間のウォッシュアウト期間で区切られた2つの定義された治療週間にわたって、視覚野(Oz)へのアクティブおよびプラセボカソード刺激(電流密度:0.29 mA / cm 24日間連続で受けました。

主な結果の測定:2×2反復測定モデルを使用した、治療順序を説明する、アクティブおよびプラセボ刺激後の視覚的幻覚の頻度と持続時間の評価。副次的アウトカムには、幻覚の影響評価と電気生理学的測定が含まれていました。

結果:プラセボ治療と比較すると、視覚野の積極的な抑制性刺激により、North East Visual Hallucinations Interview によって測定された視覚的幻覚の頻度が大幅に減少し、中程度から大規模な効果が得られました。幻覚の影響測定は、プラセボとアクティブな状態の両方で改善され、CBS のサポートと教育が治療上の利点をもたらす可能性があることを示唆しています。治療開始時の脳波評価でより大きな後頭部の興奮性を示した参加者は、肯定的な治療反応を報告する可能性が高くなりました。刺激はすべての参加者で許容できることが判明し、既存の視覚障害の悪化を含め、重大な悪影響は報告されていません。

結論:調査結果は、視覚皮質の抑制性 tDCS が、CBS を持つ人々、特に刺激前により大きな後頭部の興奮性を示す個人の視覚的幻覚の頻度を減らす可能性があることを示しています。tDCS は、重大な副作用のない CBS の実行可能な介入オプションを提供する可能性があり、その有効性をさらに特徴付ける大規模な臨床試験を保証します。

キーワード

略語と頭字語:

ANOVA (分散分析)、CBS (シャルルボネ症候群)EEG (脳波検査)LBD (レビー小体型認知症)MMSE ( Mini Mental State Examination )NEVHI ( North East Visual Hallucinations Interview )NPI ( Neuropsychiatric Inventory )tDCS経頭蓋直流刺激)、VH幻覚

 

序論:

シャルルボネ症候群 (CBS) は、精神疾患や認知障害がなくても、重大な視覚障害に続発する鮮やかな視覚幻覚 (VH) を表すために使用される用語です。1

視覚障害は典型的には両側性ですが、CBS は単眼の関与で発生する可能性があります。2

視覚的幻覚は、単純なもの (光の閃光、幾何学的パターン、または形状) の場合もあれば、複雑な場合 (人、動物、シーンなどの画像) もありますが、CBS は複雑な幻覚のみを指すために使用されることがあります。

重大な視覚障害を有する患者の 11% から 59% に発生すると推定されており、最大 3分の1の 視覚幻覚VH は、不快で、苦痛を伴い、日常の機能を妨害すると報告されています。

有病率が高いにもかかわらず、CBS の治療方法に関する質の高い臨床試験の証拠が不足しています。

5

証拠は、CBS が求心性遮断の結果であることを示唆しています: 目からの感覚入力の喪失により、視覚野の自発的な代償性過興奮が引き起こされ、幻覚が引き起こされます。

脳波 (EEG) を使用した CBS の神経生理学的研究は、視覚皮質の興奮性の増加をサポートしています。多くの場合、視覚皮質の興奮性の代理として使用される後頭アルファ パワーの低下がCBSで観測されました。

周辺視野刺激に応答して、定常状態の視覚誘発電位の振幅が増加します。このような証拠は、視覚野の興奮性の抑制が VH の修復に役立つ可能性があることを示唆しています。

症例報告文献におけるCBSの薬理学的介入には、抗けいれん薬、コリンエステラーゼ阻害剤、および抗精神病薬が含まれますが、これらは即時または長期的な利益をほとんどまたはまったく提供しないことがよくあります.

さらに、薬理学的介入には重大な副作用が伴うことが多く、新しい治療介入の必要性を強調しています。

非侵襲的経頭蓋直流刺激 (tDCS) は、頭皮に配置された 2つ以上の電極を介して弱い電流を適用することにより、基になる皮質構造の活動を調節するために使用できます。通常、陽極刺激はニューロンの膜電位と皮質興奮性を増加させますが、陰極刺激は抑制性で膜電位を減少させて皮質興奮性を低下させます。

以前の事例研究では、統合失調症およびうつ病の VH の治療における後頭部陰極 tDCS の治療上の利点が実証されています。これらの研究では、刺激セッションを繰り返すと、侵入的で悲惨な幻覚が減少 (または完全に停止) しました。ただし、レビー小体型認知症 (LBD) のランダム化比較試験では、後頭陰極 tDCS は忍容性が良好であるが、VH は改善しないことがわかりました。

CBS の治療における tDCS とプラセボの使用を調査した研究はありません。本研究は、Macular Society (BH152932) からの研究助成金によって資金提供されましたが、その設計や実施には何の役割もありませんでした。目的は、プラセボと比較して、視覚野の抑制性陰極 tDCS の反復セッションの潜在的な治療上の利点を決定することでした。VH の全体的な「重症度」の改善は、VH の発生頻度、各 VH エピソードの持続時間 (持続時間)、または VH の不快感や苦痛 (VH 影響) の減少に関連している可能性があります。この研究では、VH の一時的な側面 (頻度と持続時間) を主要な結果の尺度として注目しました。

また、視覚皮質の興奮性を低下させることによるCBSの治療が、眼疾患によってすでに損なわれている視覚機能に潜在的な悪影響をもたらす可能性があるかどうかを立証したかったさらに、脳波記録を使用して、後頭部の活動が治療反応のバイオマーカーとして使用できるかどうか、または治療効果を予測できるかどうかを調査しました。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。