白内障

[No.1319] 眼球除去後の幻視: 有病率、特徴および関連する危険因子

清澤のコメント:眼球摘出後にみられる幻視をファントムビジョンというそうです。眼球摘出患者の約3人に一人が経験し、やがてしょいう出するのだそうです。

幻眼症候群( phantom eye syndrome PES ) は、眼球の摘出 (眼球摘出、眼球内容除去)後の眼の幻影と 幻覚です多くの患者は、眼の除去後に 1 つまたは複数の幻覚現象を経験します。

  • (除去された) 眼の幻肢痛(有病率: 26%) 。痛みのない幻覚。幻覚。約 30% の患者が、摘出した眼の幻覚を報告しています。これらの幻覚のほとんどは、基本的な知覚 (形、色) で構成されています。対照的に、目自体を切除しない重度の視覚障害によって引き起こされる幻視 ( Charles Bonnet 症候群) は頻度が低く (有病率 10%)、多くの場合詳細な画像で構成されます。

   ーーーー要旨の引用ーーーーー

眼球切除を受けている多くの患者は、術後のファントムビジョンを経験しています

リチャード2022 年 11 月 21 日

レビュー:眼球除去後の幻視: 有病率、特徴および関連する危険因子

マーテル A、ベイリフ S、トーマス P、他。British Journal of Ophthalmology、2022年11月

ファントム ビジョン (PV) は患者に深刻な影響を与える可能性があるため、研究者は眼球除去後の PV の有病率と危険因子を特定することを目指しました。

研究デザイン

この多施設研究には、研究に参加する 3 か月以上前に眼球切除を受けた 100 人の成人患者が含まれていました。術後のファントム ビジョン (PV) の存在を評価するために、患者にアンケートを実施しました。ファントムビジョンは、切断された目の視覚刺激なしに発生するすべてのビジョンとして定義され、さらに基本的なビジョン (例: 稲妻、黒い点、色) または複雑なビジョン (例: 顔、オブジェクト、風景) に分けられます。

結果

患者の 30% が PV を報告し、このグループのほぼ半数が手術後 1 か月以内に PV を報告しました。しかし、一般的にPVは時間とともに改善されました。患者の 80% が基本的な幻覚を報告し、20% が複雑な視覚的幻覚を報告しました。PV を発症する危険因子には、術前の陽子線治療の使用、ぶどう膜黒色腫、摘出、不安および抑うつ、付随する幻眼痛または幻眼感覚が含まれます。

制限事項

この研究には、調査研究に固有の弱点があります。すなわち、研究者は患者からの主観的な報告に依存していた。

臨床的な意義

幻視は、眼球除去後の比較的一般的な経験です。患者は、これが起こる可能性について術前にカウンセリングを受けるべきであり、もしそれが起こったとしても、それは時間の経過とともに改善する可能性が高い.

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。