小児の眼科疾患

[No.302] 近視コントロールのリスクと利点:論文紹介

米国眼科学会のニュースレターで読むことを勧められた論文を抄出し採録します。

  ーーーーーーーー

近視コントロールのリスクと利点  ほか

オープンアクセス公開日:2021年5月4日DOI:https ://doi.org/10.1016/j.ophtha.2021.04.032

目的

近視の有病率は世界中で増加しており、その進行を遅らせる方法への関心を刺激しています。近視の進行を遅らせる主な理由は、後年の視力を脅かす眼の病理学的特徴を通じて視力喪失のリスクを減らすことです。この記事では、近視の進行を1ジオプトリー(D)遅らせることの潜在的な利点が、治療に関連する潜在的なリスクを正当化するかどうかを分析しています

メソッド

まず、コンタクトレンズの装用に重点を置いて、近視制御のさまざまな方法に関連する既知のリスクを要約します。入手可能なデータに基づいて、視覚障害のリスクと視覚障害の予測年数が、さまざまな発生率レベルで推定されます。次に、さまざまなレベルの近視に関連する潜在的に視力を脅かす状態のリスクの増加をレビューします。最後に、近視レベルの関数としての視覚障害のリスクのモデルが開発され、さまざまなレベルの近視に関連する視覚障害の年数と、達成可能なレベルの近視制御で予防できる視覚障害の年数が推定されます。

結果

微生物性角膜炎の発生率が10000患者年あたり1〜25であり、症例の15%が視力喪失をもたらすと仮定すると、38〜945人の患者が5年間の摩耗にさらされる必要があるという結論に至ります。視力喪失。近視が1D増えるごとに、近視性黄斑症、開放隅角緑内障、後嚢下白内障、網膜剥離のリスクがそれぞれ58%、20%、21%、30%増加します。予測される視覚障害の平均年数は、近視が–3 Dの人の4。42年から–8 Dの近視の人の9。56年までの範囲であり、1次元の減少はこれらをそれぞれ0.74年と1.21年下げるでしょう。

結論

近視制御の潜在的な利点はリスクを上回ります。5年間の視覚障害を予防するために治療に必要な数は4.1から6.8の間ですが、近視制御の結果として視力が失われるのは38人に1人未満です。

略語と頭字語:

AMD加齢性黄斑変性症)、ARR絶対リスク低減)、CI信頼区間)、D双翅目)、NNH害を与えるのに必要な数)、NNT治療に必要な数)、PSC後嚢下白内障)、QALY質調整生存年)、WHO世界保健機関

::

近視コントロールのリスクと副作用:この部分の考案をここに抄出しておきます

このレビューの時点で、3つの一般的に使用される近視制御療法が使用されています:眼鏡、アトロピン、およびコンタクトレンズです。

眼鏡

眼鏡による近視制御には、遠近両用眼鏡を含む60年の歴史があります。

累進焦点レンズ、そして、最近では、新しい光学設計眼鏡もあります。研究者はリスクの増加を「周辺視野の減少、したがって、対向車や道路の障害物に対するライダーの認識を低下させる」ことに起因すると考えています。また、高齢者では、多焦点および遠近両用眼鏡が転倒のリスクを高める可能性があるという証拠が存在します。

累進焦点レンズと遠近両用眼鏡は、非遠近両用眼鏡の2倍の確率で転倒します。

アトロピン

アトロピンは、0.01%の低濃度でも、瞳孔の拡張と調節の喪失を引き起こす抗ムスカリン剤です。羞明と近方視力障害の関連する症状は、予想通り、集中力によって異なります。これは、フォトクロミックレンズ、多焦点レンズ、またはその両方によって軽減できます。治療のためのアトロピンでは、それぞれ0.5%、0.1%、および0.01%のアトロピンを投与された子供たちの間で、70%、61%、および6%が、組み合わせたフォトクロミック累進焦点眼鏡を要求しましたが、残りは単一のビジョンフォトクロミック眼鏡ですみました。臨床試験で最も一般的な眼の副作用はアレルギー性結膜炎であり、これは、低濃度アトロピンのミオピア進行研究でプラセボを投与された子供を含む、各腕の子供たちの3%から7%で発生し、防腐剤または他の溶液中の賦形剤が原因物質である可能性があります。

局所的に適用される薬剤には、全身吸収のリスクがあります。アトロピンの全身的影響は十分に文書化されており、粘膜分泌の低下に起因する皮膚、口、喉の乾燥が含まれます。米国眼科学会による小児の近視進行の予防のためのアトロピンに関する眼科技術評価には、安全上の懸念は記載されていません。網膜光レベルの上昇とアトロピン誘発性散瞳を伴うAMDに関連するリスクについては説明していませんが、低濃度での散瞳はわずかです。

また、長期にわたる部分的な毛様体筋麻痺によって誘発される早期老眼のために潜在的な懸念が存在しますが、私たちは逸話的な報告しか認識していません。

ソフトコンタクトレンズ

ソフトコンタクトレンズの装用に関連する合併症は十分に文書化されています。非感染性の炎症性イベントには、角膜、結膜、および眼窩周囲組織が関与する場合があります。角膜に影響を与えるものは、まとめて角膜浸潤イベントと呼ばれます。浸潤性角膜炎、コンタクトレンズ関連の赤目、およびコンタクトレンズ周辺潰瘍が含まれます。成人では10000患者年あたり300から400の割合で発生します。これらは視力を脅かすものとは見なされず、局所予防抗生物質の追加の可能性とともに、コンタクトレンズの装用を一時的に中止することによって管理されます。

発生率に関係なく、微生物性角膜炎の症例の15%以下が視力喪失を引き起こします。リスク要因としてコンタクトレンズの保管を排除することの利点は、過小評価することはできません。日常着のコンタクトレンズ使用者における中等度および重度の微生物性角膜炎のリスクは、保管ケースの衛生状態が悪い場合は6.4倍、保管ケースの交換頻度が低い場合は5.4倍増加することがわかりました。

 一晩オルソケラトロジー

ソフトコンタクトレンズに関連する有害事象の発生率は十分に確立されていますが、一晩のオルソケラトロジーのデータはほとんどありません。すべてのレンズタイプが考慮された大規模な疫学研究でさえ、オルソケラトロジー着用者における微生物性角膜炎の症例は報告されていません。一晩のオルソケラトロジーに関連する疾患の患者を特定する可能性は低いです。

要約すると、一晩オルソケラトロジーを着用している子供における微生物性角膜炎の発生率は、成人の他の一晩の方法、特にソフトコンタクトレンズの長時間の着用について報告されているものと同様です。

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。