自由が丘 清澤眼科について

[No.1348] 自由ヶ丘 清澤眼科 今朝の話題は 2023.1.16(月曜日)

自宅のパソコンが故障して修繕に出したので、診療所のパソコンしか使えず、まとめ版の記述ができませんでした。13日からの記事のまとめです。

◎ ライディーンの作曲者YMOの高橋幸宏さんがお亡くなりになりました。誤嚥性肺炎だったそうです。

ライディーンの作曲者YMOの高橋幸宏さんが亡くなりました

◎ 一陽来復、欧米の復活祭にも通ずる、冬来たりなば春遠からじ。穴八幡宮のお守りです。

一陽来復のお守りをいただきました

◎ 乳児虐待の通告の推進では子供たちを守れない:という主張です

「通告の」推進は、本当に子供たちを守るのか:滝川一廣

◎ 急性黄斑網膜症はコロナ感染症で見られます。

急性黄斑神経網膜症とCOVID-19:

◎ 新たに脳腫瘍と診断された若者の眼症状には:検眼鏡検査で52.4%の乳頭浮腫、視能検査を受けた33.5%が視線障害、視野の28.1%での視野欠損であった。 24.8%に眼振、19.9%に斜視があり、信頼できる視力検査で8.6%に視力が低下していたとのことです。

新たに脳腫瘍と診断された若者の眼科的所見は?:

◎ フレイル(虚弱)症候群が内因性眼内炎EEの発症と転帰に及ぼす影響という報告です。入院患者のうち0.05%が EE を発症し、そのうち 22.6%が少なくとも 1 つの虚弱を定義する特徴 (主に栄養失調 [68%]) を持っていた。その虚弱は年齢、性別、人種、付随するヒト免疫不全ウイルス/エイズ、化膿性肝膿瘍、感染性心内膜炎、肝硬変、慢性合併症を伴う糖尿病などだった

フレイル症候群が内因性眼内炎の発症と転帰に及ぼす影響

◎ 急性期脳梗塞における血栓回収法の概要を記載したレターが関東中央病院から届けられました。調べてみると同様の治療が各地の病院のホームページに出ています。脳梗塞の症状が出たら、数時間以内に血管内治療を必要とする模様です。

急性期脳梗塞における血栓回収療法の概要

◎ 時計、宝石、眼鏡、コンタクトレンズを扱う自由が丘の一誠堂は土曜日に新装オープンの予定です

自由ヶ丘 清澤眼科 2023年1月7日(土曜日) 今朝の話題は?

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。